TOP > トピックス

トピックス

PAGE TOP

IJKA 浅井空手セミナー2017がドイツで開催されます


IJKA-Asai Karate Seminar 2017 Germany

盛況でした I.J.K.A. 中国にて再出発

4月29日、30日、上海に於いて、IJKAのセミナーが開催されました。
参加者は、3,000KMも離れた所から遥々馳せ参じた人もいました。
其の他、貴州2,300KM、青海2,400KM、太倉(蘇州)70KM、福建800KM、河北1400KM、西安1300KM、南京300KM、常州150KMの代表者が、熱い心をその目に充満させて参加していました。

そして最初から最後迄、全員の一挙手一投足の動きは、満身の力と情熱を爆発させていました。

セミナー終了後、理事長である私の一言を求められ、以下の事を述べました。

先ず開口一番
「みなさん、ようこそI.J.K.A.へお帰りなさい。」
「今日は、新しくI.J.K.A.に入会するためのイベント、そしてその成立儀式を行うものと思っている方もいらっしゃるでしょうが、今日参加された方の中には、故マスター浅井の直弟子である方も多く、故マスター浅井が、中国に於いてI.J.K.A.とJ.K.S.の組織を設立した事は、その目ではっきり見た事実で有ります。
故に今日は、I.J.K.A. に新しく入会し、その成立大会ではなく、I.J.K.A.という実家に里帰りしたという事、そして此の組織の再出発を祝う以ベントであります。
此の再出発を機に、中国のI.J.K.A. 空手を、世界に誇れるものにしてください。」

そして最後に一言足しました。

2006年にマスター浅井が逝去された後、台湾の先生方は引き続き、みなさんの指導をして来ました。
そして2011年にJ.K.S.を脱退したのですが、その時、皆さんに一緒ににJ.K.S.を脱退する様に誘いませんでした。
J.K.S.もI.J.K.A.も同じマスター浅井が設立したものですから、それに空手を習う人は、どの団体に入ろうとも自由ですからという解で中国の皆さんにJ.K.S.を脱退する様にすすめなかった解です。 今日はその説明をさせて頂きました。

2017IJKA-CHAINA 国際空手道講習会

中国各地にちらばっているマスター浅井の直弟子を含める指導員及びアシスタント達
  前列向かって右 林茂椿国際部長 中央 浅井恵子 
    左 陳興桂技術局長

参加者の集合写真



上海市黄浦区人民政府僑務辦公室 副主任 Ms.施海燕より、
中国名陶器のプレゼントを受ける

講習会ポスター



中国本部道場除幕式



壁に展示している13のパネルに、浅井恵子の足跡が書かれており、中国空手界の人々が最も関心を持っているとの事で、
その座談会が用意されていた。

黄埔文化中心(センター)に於いて、台湾へ空手を導入した人(浅井恵子)の記録を鑑賞及び座談会。
向かって右から 中国本部長 李淵深
陳興桂 技術局長
ぶっつけ本番で対応する浅井恵子
林茂椿 国際部長




参加支部名:
江蘇支部、陜西支部、貴州支部、 河北支部、上海支部、中国本部、 江西支部、福建支部
青海支部、 浙江支部、上海工商外国語学校空手道協会
上海政法学院空手道協会
中博進修学院空手道協会
外、五大学の支部が上海大学に有る。
其の他、参加に間に合わなかった支部も多々あるとの事


空手基本技を練習する参加者達



その後

参加者の皆さん、マスター浅井創作の新しい型「常行」を熱心に覚えていました。 みんな「常行」のジョの字も聞いたこともなく知らなかった、今迄何年も日本へ習いに行ったけど、誰もその型を知らない、 と、興奮していました。その優雅でかっこ良い動きがとても素敵だ、此れから、常行一勢~五勢迄一生懸命練習すると口々にいっていました。

■上海の主催者側から報告が有りました

報告(原文)=>感谢师恩,也感谢大家的支持! ——2017年IJKA上海讲习会总结

訳文:
  • タイトル
    1. 師の恩に感謝、皆さんの御支持にも感謝!2017年IJKA上海講習会総終結。
  • 写真一枚目(上段)
    1. 2017-06-01 空手道((※1)松濤館流)
        2017年の五月一日、小連休時、私達は三日間のIJKA技術講習、段位審査、及び同系一連の活動を行った。
    2.   
  • 写真二枚目(下段)
    1. 松寿体育を、国内に於いて早期に、伝統空手道を広めた団体として、私達の発展経歴には、各種各様の紆余曲折があった。
      そして、非常に豊富で精彩なる物語があった。
      そこで、我々は此の度の講習会及び同系列活動を過去よりも、更に有意義に果たす事に力を入れた。
      最初に技術講習会及び段位審査の主講師範は、IJKA技術局長の陳興桂である。
    2.  
  • 写真三枚目(下段)
    1. 私達が習ったのは、浅井哲彦師範開創の非常に特色のある(※1)松濤館流空手である。
      陳興桂師範は、浅井哲彦師範及び、陳宏宗(九段)師範から学ぶ。
      2004年「松寿体育」は、正式に浅井体系空手道に加入した。
      即、陳師範を主体とし、其の他の師範を率いて、私達に空手技術を伝授し、空手道技術の子弟関係が建立されたのである。
    2.  
  • 写真四枚目(下段)
    1. 陳師範は此の7,8年の長い期間、心を込めて、一代の空手道教練を育成し、後に紆余曲折を経て、今日此れ等の者達は同一系列に あらずとも、師の恩に感謝する心は皆同じである。

  • ※1 誤:松濤館流空手 正:浅井空手

上海からメールが届きました。

尊敬的浅井师母:

您好!

现将本人申请加入IJKA的原因及相关经历进行简单的报告。

2003-4年,在浅井师母的安排下,以及相关赞助商的支持下我和其他几位能有机会在中国上海见到已故浅井师范,并且参加了他建立的组织进行空手道练习。

浅井师范安排了台湾的陈兴桂师范对我们进行指导。

我本人非常感激浅井师范夫妇,同时一直把陈兴桂师范作为我的空手道的老师。

浅井师范在上海建立了JKS/IJKA中国本部和上海支部。2006年师范仙逝后,由台湾师范们继续继承了这些组织并且继续教导我们进行练习。在这个过程中,IJKA中国本部,上海支部不再被提及。当时我们并不了解具体情况。

2011年,台湾师范们离开了JKS, 他们并没有要求我们同样脱离,我们自然继承了JKS中国本部和上海支部,同时也得到了日本JKS总部的确认。我本人负责JKS中国本部。在2011-2016年期间,我本人尽力发展空手道事业,在推广过程中使用JKS-CHINA名义。每年5月举办在上海的国际讲习和段位审查,同时12月带队参加日本总部的讲习。但是作为私人关系,我仅保持和台湾师范们的私交。我认为这是合适的。

2016年12月3日,本人参加JKS总部练习时,总部师范们明确告知:因为我本人和IJKA的关系,导致中国本部资格冻结。我当场进行申诉,讲清楚公事和私人关系的区别。JKS总部明确告知,即使是私人关系也会被利用进行不利的行为。

(在本次活动中,JKS总部也取消其他两个大国的本部地位。)

随后,国际部部长直接向现场的30名中国成员宣布了这一情况,并口头告知:

1.今后任何取得段位资格的练习者可直接向总部申请支部资格。

2.很多组织是敌对关系的,不能参与这类组织的任何活动。

我本人尊重JKS总部师范们的决定,我没有参加之后的任何活动,在12月5日回到上海之后,我将JKS的决定(公告)传达到了中国境内每一个具有JKS会员资格的成员。同时也宣布JKS-CHINA结束运作,并妥善解决了善后事宜。

在完成上述工作以后,我本人以邮件形式向JKS总部表达:

1.我尊重他们的决定。

2.我也感谢他们之前对我的支持。

3.我本人脱离JKS.

我本人脱离JKS一个月之后,我正式申请加入IJKA.

在此期间我并没有公开的号召任何人追随我去任何组织。

期间有不少人因为各种原因对我及我的团队进行各种非议。

我认为:任何口头上的争论,都会导致空手道事业的损失。都会影响到浅井哲彦师范体系的名誉。正如浅井师范讲过的:来者不拒,去者不留。

我本人坚持当时见到师范时的初心!



李渊深

2017年1月12日




譯文:

私本人がIJKAに加入する原因及びそれに関する経過を簡単に報告します。

2003-4年 浅井師範奥様の手配の元、及び賛助企業の支持のもと、私と其の他数人の者が、中国上海に於いて、故浅井師範とお会いできる機会が有り、且つ、師範が設立した組織に参加し、空手の練習をしました。

浅井師範は台湾の陳興桂師範を私達の空手道指導者に当てて下さいました。

私本人は非常に浅井師範ご夫婦に感謝いたしました。

浅井師範は、上海に於いて、JKSとIJKAの中国本部と上海支部を設立しました。

2006年、浅井師範が逝去なされた後、台湾の師範により、私達はこの組織を継続して続けて練習を進めていました。

此の過程に於いて、IJKA中国本部、上海支部はなんの連絡も無くなりました。

その時私達は、具体的状況を何も解っていませんでした。

2011年台湾師範達はJKSを離れました。彼等は私達に対して同じ様に離脱する事を要求しませんでした。私達は自然にJKS中国本部と上海支部を継承する事になり、JKS総本部の認可を得ました。

私本人は、JKS中国本部の責任者となりました。

2011~2016年の期間中、私本人は、空手の発展に力を盡しました。

此の様な過程に於いて、JKS-CHINAの名義で、毎年5月に上海に於いて、国際講習会及び段位審査を行いました。

同時に12月には、会員達を引率して、日本総本部の講習会に参加致しました。

しかし、私は個人的に台湾の師範達と交流を続けました。此の事は、当たり前の事だと思いました。
2016年12月3日、私がJKS総本部の練習に参加した時、総本部師範達は、はっきりと私に告げました。

私のIJKAとの関係が中国本部の資格凍結を招いたのだと。

私は其の場ですぐ申訴しました。公私をはっきり分けて下さいと。

しかしJKS総本部は明確に告知しました。
個人関係であっても、不利な行為を行う為に利用されると。
(今回の活動中にJKS総本部は、やはり其の他二か国の大国の本部を取り消しました。)

其の後、国際部長が現場にいた中国30名の空手会員達に向かって、直接此の事を宣告し、また口頭でも下記のことを告知しました。

1、今迄段位資格を得た者は直接総本部に支部資格を申請する事ができる。
2、多くの組織は、敵対関係の組織である、此のたぐいの組織の如何なる活動に参加するべからず。

私本人は、JKS総本部師範達の決定を尊重します。

しかし12月5日上海に戻った後、私はJKSの決定を公告し、中国境内の全てのJKS会員資格を有する者にも伝送しました。

同時にJKS-CHINAがその運営を終了した事を宣言しました。並びに事後の処理を善処しました。

上述の作業を完成させた後、私は郵送にてJKS総本部に下記のことを表達しました。

1、私は、彼等の決定を尊重します。
2、私は、彼等の今迄の私への支持を感謝します。
3、私本人はJKSを離脱します。

私がJKSを離れた一か月後、私は正式にIJKA 加入の申請をします。
此の期間中私は、公に誰にも呼びかけせず、誰にも私に追随して、如何なる組織に参加する様に呼びかけていません。
此の期間中に多くの人が、色々の原因のもと私、及び私の団体に対して各種の誹謗を行ないました。

私が思うに、如何なる口論も空手道の損失となり、浅井哲彦師範関係の名誉に悪影響を与える事になると。

故に浅井先生がおっしゃった「来る者は拒まず、去る者は追わず」。

私本人は当時浅井師範にお会いした時の初心を堅持致します。

李渊深

2017年1月12日

お墓参り有り難うございました。

先日12月6日 世界中から2000人位の空手マンが、日本の技術講習会に参加しました。

そして、マスター浅井のお墓参りをして下さいました。

本当に感謝致しました。

みなさんどうも有り難うございました。

写真はJks Karate Australia Gympieのフェイスブックにありますのでご覧ください。

Jks Karate Australia Gympie

大西晶子さんが個人会員第一号で参加しました。

宗家  国際日本武術空手道会IJKAでは、団体組織に参加してない、けれども
 真に空手道を愛する人を受け入れることになっています
 その事に大西晶子さんがさっそく応募し 、個人会員第一号として2016浅井盃国際空手道大会に参加しました。
 彼女は、明るく活発な女性で、みんなに愛されました。
 

 

【空手歴】
6歳から20歳まで日本空手協会(現JKS)で空手を習う
17歳で弐段取得 その後空手を22年間中断し、
2015年空手を再開(姉から習う)

【IJKA入会の動機】
姉は私と同時に空手を始め、今も現役選手を続けています。
姉は浅井哲彦先生の講習会に欠かさず出席していました。
私は姉の古典型を見て、「かっこいい!私もやりたい!できるようになりたい!空手を再開しよう!」と思いました。
姉は私に古典型を教える傍ら、「もっと浅井先生の指導を受けたかった」「教えてもらっていない型もある」
そして「浅井先生の創ったもう一つの団体(IJKA)で修業をしたい」と、言っていました。
浅井先生が創り、志を受け継いでいるIJKAに興味を持ち、調べました。
姉が話した浅井先生像とHPの浅井先生像は私の想像通りでした。
そこには私が空手を辞めた原因(嫌だった事)を払拭する内容が書かれていました。
私は大会で優勝したり、高い段位を取得したり、凄い審判員になったりしたいという気持ちはありません。
ただ、古典型が出来るようになり、空手の技の追及をしたいと思っています。
そして思い切って、IJKAに連絡をし、恵子先生にお会いし、確信を得て、入会することを決めました。

【参加した感想】
皆さんが初対面の私を温かく迎え入れて頂き、優しくて親切で心が温まる思いでした。
強さをひけらかす人や、立派さを威張る人がいない事に感動しました。
陳先生の講習会は衝撃と感動の嵐でした。
本当の空手の技を学べると確信しました。
帰国後すぐに姉に伝え、一緒にやりましょうといったら、姉も「陳先生の指導を受けたい。修業をしたい」と興味を持ちました。
来年、何日間か、朝から晩までみっちり稽古をしに伺いたいと思っております。

開会式に堂々と入場する個人会員第一号大西さん

写真左スイスのMr.Giosuel Koller 右-大西晶子さん



主席師範 陳宏宗先生の技術講習を受け、
汗まみれになって熱心に稽古する大西さん(右から三人目)

写真左からスイスのMr.Giosuel Koller,
ドイツMr.John Christian,Mr.OttoRiedinger,大西さん、
隣ドイツ Mr.Gerhard Schoenferder

ウェルカム晩餐会でIJKA幹部達と楽しいひとときを。
向かって左から国際指導員 城所俊行七段、
隣り 大西さん、隣り 国際部長 林茂椿さん、
隣台湾IJKA副会長、隣り 奥さん

理事長浅井恵子とツーショット



大会の後、国際行政ミーティングが行われました

日時:2016.10.16
場所:台灣 台中市 靜宜大學 会議室
参加人員:
IJKA理事長淺井 惠子(Keiko Asai)
IJKA主席師範陳宏宗(Chen Hunt-tsung)
IJKA技術局長 陳興桂(Chen Hsin-koei)
IJKA技術局国際指導員 城所俊行(Toshiyuki Kidokoro)
汪儒郁(wang ruyu)
Riedinger Otto
紀邦彥

議事録:
1、イタリー:FORMENTON GIUSEPPE ドイツ:Riedinger Otto
  以上二名をヨーロッパ指導部長 BRUNO KALLER のアシスタントとする。

2、紀邦彥を国際指導局の指導員と認定。

3、それにより指導員会が成立した。

2016浅井盃国際空手道大会選手の夜が開催されました。



大会終了後、パーティ「選手の夜」が開催されました。
空手衣をぬいで、ミュージシャンに早変わり

女の子たちも負けずに衣装作りをして、可愛いダンサーに

昇段審査が行われました。


2016浅井盃国際空手道チャンピオンシップが10月15日
無事円満に終了し、翌16日、主席師範陳宏宗先生指導のもと、
国際空手技術講習会が行われ、其の後に昇段審査が行われました。

技術局長 陳興桂八段、

城所俊行国際指導員 七段

汪儒郁国際指導員 六段

Riedinger Otto 国際指導員 五段

Gerhard Schoenferder 会員 五段

John Christian 会員 三段

胡哲維 会員 三段 となり、

皆さん無事合格しました。

ドイツ Mr.OTTOさんに黒帯を贈る理事長 浅井恵子

技術講習会が行われました

技術講習会



上は熱心に主席師範陳宏宗先生の技術講習を受ける高段者達



2016浅井盃国際空手道大会が開催されました。


2016年10月15日に台湾台中市に於いて浅井盃国際空手道大会が盛大に開催されました。

主催:国際日本武術空手道会 IJKA、   中華民国空手道連盟

協催:台中市政府体育処、静宜大学、台中市体育連盟

承催:台中市体育総会空手道委員会

日期:2016/10/14~2016/10/17

場所:台中市静宜大学多功能体育館

全台湾からの参加者と海外から遥々馳せ参じたマスター浅井を慕う空手家達で賑わいました。

大会には、マスター浅井初期の愛弟子と、二代目、三代目の頼もしい弟子たちが元気よく会場内を往来きし、頑張ってる姿がみられました。

2016浅井盃国際空手道大会

開会式の出番を待つ選手たち

開会式の出番を待つ選手たち



開会式
手前は一部の審判員達

開会祝辞を述べる浅井恵子



貴賓席の後方にマスター浅井の大きな写真が、迫力満点。
手前に座っているのが、スイスからのブルーノコーラさん
右が看護師のTHEOさん。

大会プログラム

大会プログラム

大会プログラム祝辞

大会プログラム

大会プログラム祝辞

2016浅井盃国際空手道大会

スーツを着ればみんなハンサム
マスター浅井 第一代から三代目の弟子審判員達

マスター浅井 第二代、三代目の幹部達



指令台のバックに壮大な
マスター浅井の写真

開会祝辞を述べる理事長 浅井恵子



台湾から大会に参加した、
台湾IJKAとヨーロッパIJKAの人達の集合写真

マスター浅井初代から三代目の高段者達



どうしても参加したいと熱心な、3歳のチビッコ空手マン

浅井哲彦空手道伝記映画「武魂」の製作開始


製作会議

台湾神旺飯店にて、9月25日クランクインの浅井哲彦空手道伝記映画「武魂」の製作会議をする、下村監督初めスタッフ達。

空手愛好家の個人入会を受け付けます


最近よく浅井空手に関して質問が多々あります。
その方達がおしゃるには、日本には多くの空手愛好家が居て、何かの理由(就職、学業、結婚、健康などの問題)で空手を中断し、又復帰した人達が数多くあるとの事です。

その方達は、空手を愛しているだけで、何れの組織団体にも加入する意志はなく、ただひたすら空手を練習したいだけと聞きました。 そして、その多くは浅井哲彦先生創作の新しい空手形を練習し、身につけたいとの事です。

それで、何れの団体にも所属していない方の、I.J.K.A.への個人入会を受付、一緒に浅井空手を練習しましょうと云う事になりました。 浅井先生は流派を問いませんので、何れの流派の方でも歓迎致しますが、何れの団体組織に所属されていない方、空手を愛する身心共に健康な方に限ります。

マスター浅井創作の型(浅井空手)について詳しくはコチラを御覧下さい。

費用に関してはコチラをご覧下さい.

申し込み、お問い合わせ等は、こちらまでメールにてご連絡ください。
Mail: info@ijka.jp

マスター浅井逝去10周年記念空手道大会資料


final 2016 IJKAp



マスター浅井メモリアル空手キャンプ2016 スイス


The Master Asai Memorial Karate Camp 2016 is over. All was perfect, including wonderful weather in Lucerne these days. We had 5 days full of strong good spirit in the European IJKA-Honbu Dojo. We all enjoyed it very much to train together and to spend this wonderful time together. In total 50 Karateka visited the Camp and trained with Keibou Sensei and Bruno Koller Sensei. This Camp was just amazing!

2016 Asai Cup
the European IJKA-Honbu Dojo


2016 Asai Cup



マスター浅井メモリアル空手キャンプ2016 スイスの写真はこちら

2016.2.21に国際行政ミーティングが行われました


1、2016.2.21 IJKA本部道場台湾台北哲彦館に於いて国際行政ミーティングが行われました
 ■段位審査について以下の様に改定されました。

―――――――――――――技術局内規 改定前――――――――――――
・他団体より取得した段位資格は、審議会において審議される。
・認定された者は当IJKAの段位に移行できる事とする。 (移行費は別途定める)
・認定されない者はIJKAの審査をうける資格を得る事とする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――技術局内規 改定後――――――――――――
・故マスター浅井関連以外の段位については一切関与しない事とする。
・故マスター浅井関連の段位については主席師範又は技術局長が当人の空手映像により判断する。
・映像により欠点があれば、主席師範又は技術局長のアドバイスを受け、本人の所持する段位に達する迄指導を受ける事ができる。
・映像指導は三回迄とし、二回目からは各回3,000円JPとする。
・映像指導は段位確認の為のみとする。(映像による段審査ではない)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

2、「2016年淺井盃國際空手道錦標賽大會」預定配當表が出来上がりました。
 ■多少変更の可能性がありますが、以下の通りです。


Theprogramfor the2016AsaiCupIJKAInternationalKaratedoFriendshipTournament .jpg

映画「浅井哲彦物語」(仮)製作準備好調進行中


今年の5月には、映画「浅井哲彦物語」(仮)製作を開始するべく準備が好調に進んでいます
 
此の映画は、台湾空手道の父と呼ばれる故人の台湾に於いての空手道を導入し、 広めたストーリーに集中し、撮影も主に台湾と日本で、 と云う事が、最終的に決定されました。

IJKA-moviecredit (Japanese).jpg

J-FilmProposal1docx.jpg

IJKA-moviecredit02 (Japanese).jpg

ご希望の方は、郵送
「N.P.O法人国際日本武術空手道会[I.J.K.A.]
〒160-0021  
東京都新宿区歌舞伎町2-45-5
新宿永谷ビル203号室」

又は、Emailinfo@ijka.jp"までお願い申し上げます。



マスター浅井逝去10周年記念空手道大会
2016年台湾台中市に於いて、行われる。


今年は、マスター浅井逝去10周年の年となります。

その事を記念して、IJKA宗家、陳宏宗主席師範を始め技術局、陳興桂局長、 インストラクター城所俊行、汪儒郁、周智文、IJKA TAIWANの理事達により、 1月8日に開かれたミーティング及び、海外のインストラクター Mr.Otto Riedinger、Mr.Bruno Kollerなどの同意のもと、 IJKA浅井盃国際フレンドシップ空手大会を台湾台中市に於いて開催する事が決定しました。

日程は、台風シーズンを避けることと、子供達の学校事情など 諸々の事を考慮し、2016年10月15日、16日となりました。

マスター浅井メモリアル空手キャンプ2016 スイスにて開催

マスター浅井メモリアル空手キャンプ2016がスイスのルツェルンにて開催されます。

Announcement Asai-Camp 2016.jpg

Announcement Asai-Camp 2016.jpg

IJKAイタリー支部長Mr.Giuseppe Formentonが優勝しました

IJKA国際指導員 Giuseppe Formenton さんが
2015.10月11日の「EUROPEAN MASTERS GAMES 2015」
の大会に於いて、55歳級組手の金メダルを獲得しました。
そして2015.10-23-25に「KARATE VENICE CUP」の空手大会に於いても
チャンピオンの座に輝きました。


フォーメントンさん優勝1

Mr.Giuseppe Formenton

フォーメントンさん優勝2

2015.23-25に行われた 「KARATE VENICE CUP」のチラシ

フォーメントンさん優勝3

Mr.フォーメントンさん2015.10.1行われた「EUROPEAN MASTERS GAMES 2015」にて金メダルを獲得

フォーメントンさん優勝4

優勝記録

フォーメントンさん優勝5

Mr.Giuseppe Formenton 表彰される

フォーメントンさん優勝6

チャンピオン証

フォーメントンさん優勝7

左Venice Lignano Sabbiadoro市長の表彰を受けたMr.Giuseppe Formenton右 , 中央IJKA技術局長Mr.陳興桂

「浅井哲彦空手道伝記」映画製作決定

去る10月11日、IJKA宗家理事長浅井惠子が、
故マスター浅井の空手道伝記映画製作の為
日本の名監督 下村優氏及び、嶋田プロデューサーを伴って台湾へロケハンに行った、
それを受けて台湾の行政新聞局が大々的に協力し、各大手新聞社にニュースを流し、報道した。

詳しい事は、浅井惠子ブログ
台湾で報道された新聞記事の翻訳
世にも不思議な物語りNO41 感謝感謝の毎日です

台湾新聞記事

蘋果日報 http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20151015/712103/
大紀元 http://www.epochtimes.com/b5/15/10/15/n4551283.htm
中央社 http://www.cna.com.tw/news/aloc/201510150247-1.aspx
新聞局昨日有發新聞稿 http://www.news.taichung.gov.tw/ct.asp?xItem=1550196&ctNode=1272&mp=112010

以及我們的Facebook也有宣傳https://www.facebook.com/paimia

をご覧ください。


多くの新聞報道の中から長い文を翻訳しました、以下の通りです


「台湾空手道之父、浅井哲彦を記念して台中にてロケハン 来年撮影、スタート」

   台湾空手道選手が、国際試合に於いて常に傑出な成績をあげている、

その源は、日本空手道大師浅井哲彦によるものである、

8割近くの、好選手は、その弟子又は孫弟子である。

夫人、台日の知名なる芸能人 浅井惠子は、

夫の輝かしい事蹟を紀念して、映画製作をすることになっている

市政府新聞局は、全力で此の制作組を協力することを表明した。

 「女子防身術」であろうと「空手白刃奪り」であろうと、全て、

日本空手道大師浅井哲彦が研鑽し出したものである。

台湾の8割の空手道好手は、全て師の浅井流を伝承したものである、

台湾の人の体格の良さと資質が良い事を見極めて民国53年に

台中市に於いて、第一間の道館を設立した。

其の後、台湾は、戒厳時期であった為、道館は、次々と閉めざるを得なかった。

(註:閉めませんでした(浅井惠子)

但し空手道はそれによって消失はしなかった、

白鶴拳と結合して再出発し「空手道之父」 と称された。

速度を要求し、敵が手を出す前に、相手を制伏するものである

台中人、浅井惠子は、夫 浅井哲彦が台湾に於いて空手道を広めた

輝かしい事蹟を記念し、台湾空手道発展の始末を記録する為に

「台湾空手道の父-浅井哲彦」の映画を製作することになっている、

此処数日の間、プロデューサー及び、監督を伴って、1960年代

台湾風景の考証、蒐集の為に來台した。

台中教育大学實小学校、台中女中等のロケハンも行い、

来年正式に撮影をスタートする予定である、

又、台湾に於いて空手道の出演キャストのオーディションも行なうとの事

 本名 陳恵珠の浅井惠子は1940年生まれ、

曽って、中央映画会社のスターであり、日本に於いて多くの映画やテレビドラマに出演し、

1963年、日本空手道家 浅井哲彦と結婚し、日本に定住した。

新聞局の話しによると、1964年浅井哲彦は日本の松涛館空手を正式に台湾へ導入し、

「台湾空手道の父」 と誉名された。

浅井惠子も夫に協力し、台湾各地で道場を設立して空手を広め、

ハワイ、ホンコン、ドイツ、スイス、スエーデン、デンマーク、上海等まで

広めたとのこと。

                              (浅井惠子 譯)

taiwanmovie.jpg

From the right (in white shirt) and counterclockwise: Mr. Lin, the director of department of public information, Mr. Fang, the director of department of sports, the director Mr. Shimomura, producer Mr. Shimada, and Keiko Asai.  

ドイツ専武会から写真が届きました。

本日、ドイツ専武会から4月25日、26日に行われた空手セミナーの写真が届きました
 以下専武会技術局理事のMr.Gerhard Schonfelderからのメールです。
 
 私はニュルンベルクに於いて行われた、興桂先生のセミナーから戻って来たばかりです。
そのセミナーは大盛況で、超一流の先生によるこのセミナーは、彼の持つ空手や武術に関する深い知識を学ぶことのできる素晴らしい機会となりました。
みんなこのコースに参加した事に大満足し、私達ドイツ専武会のメンバーは、I.J.K.A.のファミリーメンバーとなっている事を、誇りに思っています。お送りした興桂先生(桂坊先生)のドイツでの写真をお受け取り下さい。残念な事に私は、ずっと稽古をしていたので、あまり多くの写真を撮る事が出来ませんでした。
Gerhard (Technical Director SENBUKAI Germany)



ドイツ専武会空手セミナー1

空手形「鉄騎二段」を教える興桂先生.

ドイツ専武会空手セミナー2

ドイツ専武会空手セミナー3

ニュルンベルク道場チーフからのプレゼント

ドイツ専武会空手セミナー4

ドイツ専武会メンバーと集合写真

ドイツ専武会空手セミナー5

ニュルンベルク観光

ドイツ見性館及び専武会合同でKARATEセミナーが開催されます

Dispatch-Formular_KeibouSensei_2015

2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽 及び
技術講習会大成功に終わる。

2014年9月27日の2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽は無事に大成功に終わりましたが、
28日の技術講習会も参加者にとって初めて知る「青柳」の新しい形に大興奮し、会場は 熱気に満ちて皆さん大満足でした。

映像は、青柳の形を講義する技術局長 陳興桂

映像は、青柳形の分解技を説明する

映像は、武術空手の演武 国際指導員 汪儒郁と

2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽 開幕演武
乱腿(乱雪)

映像は、前 城所俊行(国際指導員) 後 向って右 汪儒郁(国際指導員) 後向かって左 紀邦彦(台湾IJKA指導員 2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽 形、組手総合優勝者)

2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽 開幕演武
國際技術局長 陳興桂 (形:青柳)

映像は國際技術局長 陳興桂の演武 (形:青柳)

全日本少林拳武徳会より演武を披露して頂きました。

全日本少林拳武徳会との御縁を三代目宗家 森實 芳啓先生より、

以下の通り祝詞を頂きました。


本日ここに2014浅井盃IJKA国際空手親善会が

盛大に開催されますことを心からお祝い申し上げます。

また本大会準備に関わられた多くの関係者の皆様のご尽力に敬意を表します。

 さて主席師範「陳宏宗先生」と私ども少林拳武徳会のお付き合いは、

30数年前の父二代宗家森實芳啓が陳先生と出会うことから始まりました。

父は真の武道家との接触を求め、台湾を訪れました。

その時『白鶴拳』の陳宏宗先生と知り合いになり、白鶴拳の素晴らしさを直接見聞、

その後何度も陳先生の所に伺い、互いの流派の技術を尊重しつつ、

武道家としての交流を続けた、と聞いております。 先代宗家が心から信頼を寄せ、

真の武道家としてのお付き合いをさせていただきましたこと、改めてお礼申し上げます。

そしてそのつながりは、今日に至っても脈々と続いております。 

一昨年の私ども「全日本少林拳武徳会60周年記念事業」には、

陳先生を始め総勢30名を超える多くの皆さま方にご参加頂き、素晴らしい演武をご披露頂きました。

少林拳武徳会の友好団体としての演武は、対外的な幅の広さと奥の深さにおいて、

多くの拳士・父兄に感銘を与えることができました。ありがとうございました。

 これからも陳宏宗先生の団体と私ども全日本少林拳武徳会の関係がますます緊密になり、

相互の交流が一層活発化することを心から祈念いたしております。

 最後に「2014浅井盃IJKA国際空手親善会」が大成功のうちに終わり、

これからも更なる発展を遂げられますことを祈念して、お祝いの言葉といたします。謝々」



                                全日本少林拳武徳会三代宗家 

                                         森實芳啓 

全日本少林拳武徳会様が演武して下さいました。

1.酔拳-----------福島一生 5段

2.鶴三陣拳------白石弘明 6段 

3.棍相対--------冨安定喜、冨安裕次郎

4.瘋魔杖--------浦 正樹

5.白鶴拳---------森實信二 6段

6.拳相対---------中山富雄 7段、浦 千治  

この動画は、棍相対--------冨安定喜、冨安裕次郎

この動画は、白鶴拳---------森實信二 です。

感動しました。2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽記者会見演武

9月26日台湾台北市にて開催された、2014浅井盃IJKA国際空手道友誼賽

の前日、記者会見に於いて、若干6才の頼瑞謙がお姉ちゃん頼亭論(中学三年)と

お父さん頼怡宏と共に親子で堂々と演武をしました。

始まる前に一人で前方へ進み、立ち位置確認の様子なども可愛かったと思います。

 小学三年生の劉慕慈は、台湾全国の空手大会、其の他全ての大会に於いて

優勝し続けている、可愛いチャンピオンです。今回の浅井盃大会でも優勝しました

礼儀正しく、素直で、性格が彼女の空手よりうんと良い子です、

感動しました。

感動しました!主席師範 陳宏宗先生健在!

9月28日、2014浅井盃I.J.K.A.国際空手道友誼賽の翌日に行われた「技術講習会」に、主席師範 陳宏宗先生が「武術空手」の指導にあたりました。会場は熱気に満ちていて、参加者一同幸せ感を全身に漲らせながら、一生懸命修得しようと努力していました。

従来の体育空手に無い武術空手の演武を、技術局長 陳興桂が行い、その威力の凄さに受講者一同驚きの声を上げました。
其の後、陳興桂より、30年前にマスター浅井から厳しく教わった、新しい形「青柳」の指導に皆さん、更に興奮して熱く稽古を続けました。

主席師範 陳宏宗先生1

主席師範 陳宏宗先生2

主席師範 陳宏宗先生3

2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会、
無事大成功に終わる6

9月27日の2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会に多くの方が参加しました。




2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽1

祝辞を述べる、全日本少林拳武徳会三代宗家 森實芳啓様。
(通訳:浅井惠子)                                          

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽2

浅井惠子理事長中国語、日本語、英語で祝辞を述べる。

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽4

鄭雯心選手の選手宣誓




開幕の後、参加者全員が故マスター浅井の空手技術をビデオテープで見学しました。

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽4

映像は、マスター浅井が1961年日本全国大会(世界中から選手が参加したので実質的には世界大会)に於いて、
金澤弘和選手と、予選で対決。
続けて数多くの予選を勝ち抜き、更に勝ち残った 楠本選手、三上選手、白井選手、其の他など
8強豪と連続8戦を、戦い、優勝の栄冠を勝ち取った。
参加者全員が、息をのんで画面に見入っていた
孫弟子や曾孫弟子達は、「浅井先生に会いたいなぁー」と口々に云っていました。

日本内閣府認定のI.J.K.A.を宗家とする事を宣言します。

2014年9月28日IJKA国際会議


此の度マスター浅井哲彦を国際日本武術空手道会、I.J.K.A.の会祖及び浅井空手の宗師とし、 日本国内閣府認定のN.P.O法人国際日本武術空手道会を宗家とする事を、国際会議の議決により此処に宣言します。

2014年9月28日IJKA国際会議

会議日:平成26年9月28日
場所 :中華電信中正堂體育館

参加者:
IJKA理事長 淺井惠子
國際主席師範 陳宏宗
國際技術局長 陳興桂
國際指導員城所俊行
Formenton Giuseppe
汪儒郁
周智文
Riedinger Otto
國際部長 林茂椿

此れにより、以下の組織となります。

宗家 I.J.K.A.
会祖、宗師、初代首席師範:浅井哲彦
初代理事長:浅井惠子
二代目主席師範:陳 宏宗
二代目技術局長、国際指導員:陳 興桂
二代目国際指導員:BRUNO KALLER
城所 俊行
Formenton Giuseppe
汪儒郁
周智文
Riedinger Otto
二代目国際部長:林茂椿 

2014年9月26日IJKA国際会議

記者会の後、国際ミーティングを行いました

会議日:平成26年9月26日
場所 :中華電信中正堂體育館

参加者:
IJKA理事長 淺井惠子
國際技術局長 陳興桂
國際指導員 BRUNO KALLER
Formenton Giuseppe
汪儒郁
周智文
Riedinger Otto
國際部長 林茂椿
2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽会議1

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽会議2

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽会議3

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽会議4


議題は、IJKAを宗家とする事に関してです、
此の事は、事前に各国の、会員国責任者にメールを送って、
検討して貰い、ミーティングの時に議決をとる事になっていました、

内容は、
Ⅰ IJKAはマスター浅井が創設したので、マスター浅井はI.J.K.Aの会祖であり
Ⅱ 新しい空手の技や型を開創したので、マスター浅井はI.J.K.A浅井空手の流祖であると云う事です。しかし、I.J.K.Aは流派にこだわらないので宗師と云う事になります。
故に此れから、公式にマスター浅井をI.J.K.A会祖、I.J.K.A空手宗師と名のって行く事にします。

現在国外に於いて、I.J.K.Aを名のる組織が幾つかあり、何かお互いに落ち着かない気分です。
マスター浅井が亡くなって、私は背骨の骨折で療養していて、約三年間何もできなかったので、数ある弟子達は、マスター浅井が亡くなってさぞかし困った事でしょう、
そしてそれぞれのI.J.K.Aを作ってしまったのだと思います。
マスター浅井の名を変に利用している人は別として、それぞれがその様な組織を作ってしまったことに関してはクレームをつける必要はないと思っています。マスター浅井生前にとても良い師弟関係の人もいましたので、私は敵対する気持ちはありませんでしたが、
どう対処して良いか方法が見つかりませんでした。
今後、日本の伝統システムに基づいて、此の様にマスター浅井を位置づけ、私達のI.J.K.Aは宗家として、他のI.J.K.Aを分家として認めるという方向に進められたら良いと思います。
そしてイベントがある時は、宗家から分家へ声をかけて賛同者は合流し、同じマスター浅井の弟子達が一緒に活動しても良いのではないかと思います。

マスター浅井の「武道を学ぶ者どうし仲良くすべし」と云う主旨を実践すべく、ましてや同じI.J.K.Aを名のり、同じマスター浅井の弟子である者どうしは、互いに親睦交流をすべきであると私は思います。
希望があれば技術の交流を行い、その人達のI.J.K.A組織については一切タッチしないという事で、望む者が申請すれば、分家の証書を発行するという私の考えは如何でしょうか?


  以上、ミーティングの結果、全員一致で賛成となりました。
   此れから宗家の名に於いて、浅井空手を永久に正しく継承し、守って行く事を互いに固く認め合いました。

2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会、
無事大成功に終わる5

9月27日に記者会見を行いました。
各新聞社から、そしてTV局から、取材に来て下さいました、

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽取材1

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽取材2

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽取材3

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽取材4

詳細(翌日報道された内容含む)はこちら

2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会、
無事大成功に終わる4

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽が終わり、此の大会の準備に

此処数ヶ月間、日夜奮闘努力して来た、台湾IJKA哲彦館の幹部や理事、

保護者の方々の献身的な行動に感動しました、

特にみなさんが、心快く寄付を寄せて頂いた多額の金額により、

大会の支出費、及び外国の参加者の諸費用、全て充当する事が出来ました!

更に外国からの参加者に対して、みなさんで分担して、毎回のお食事

を招待し、其の他の送り迎えも情熱的に、やりとげて下さいました、

 マスター浅井の御弟子さん達が一堂に会し、別れの時は一人一人固く抱き合って、

別れを惜んでいるなど、感動の涙なしでは見られない光景でした、

 マスター浅井もきっと天国から嬉しそうに見守っていることでしょう。

心から感謝しています。

参加者のみなさんが、「僕達は本当に、誇りに思いますよ、

僕達IJKAには、暖かさがあるからーーーそして空手に対する、情熱が特に熱いから--」

という言葉を聞いてとても嬉しかったです。

技術講習会の日に、陳宏宗先生が特別に教えて下さった

「武術空手」にみなさん尚更熱くなり、熱心にそして、幸せそうに練習していました

後半は技術局長陳興桂が、30年前から浅井先生に厳しく教わった

「青柳」 の形を始めて披露し、教える事になったのでテンションが更に高潮しました。

  大会後、メキシコ、スリランカ、パキスタン、其の他の国の

マスター浅井の御弟子さん達から次々に問い合わせが来ました、

2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会、
無事大成功に終わる3

2014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽に大勢の方が御参加くださいました
特に台湾では、「台湾空手道の父」マスター浅井哲彦のもとへと
懐かしさを胸に、全台湾から馳せ参じました。

以下の通りです

国名:        代表者名:

ドイツ       Otto Riedinger

イタリー      Giuseppe Formenton

フランス      Pascal Fargette

インドネシア    Jonggi WL Tambunan

中国China      夏佳韵

中国上海      邱 旭峰

中国深圳      高泉煕

中国香港      王向軍

台湾屏東市     呉國華

台湾台東市     劉祖誠

台湾花蓮市     宗一忠

台湾高雄市     潘蔡仁

台湾台南市     胡曉明

台湾嘉義市     許俊翰

台湾台中市     栄一信

台湾新竹市     紀邦彦

台湾桃園市     頼啓東

台湾台北市古亭道場 呉憲耀

台湾台北市通安道場 黄博厚

台湾台北市健安道場 楊徳華

台湾台北市中華電信道場 周智文

台湾中興大学道場    梁洪陶

台湾台北市興雅國中道場 汪儒郁

台湾台北市博愛国小道場 汪儒郁

台湾台北市       林茂椿

外国を含めてほとんど、故マスター浅井の弟子達がその弟子や孫弟子を

率いての参加でした。

日本からは陳宏宗主席師範と二代に渡って30年間の親交を交わしている

全日本少林拳武徳会三代宗家 森實芳啓先生が十人の高段位先生方を

率いて演武をして下さいました。

2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会、
無事大成功に終わる2

IJKA主席師範の祝辞

1962年、妹は、世界空手総合チャンピオンを獲得したばかりの夫

浅井哲彦さんを連れて台湾へ帰省しました

その時私は、青壮年の眞ただ中で白鶴拳の師範代を担当していました。

毎日後輩を引き連れて、先生に追随し、真面目に白鶴拳と七節鞭を

練習していました、

 台湾人は「来る者、客賓なり」 という天性があります

ましてや妹の夫であり、武術の同好者であるからには、熱意を

もって宴席を設け接待することは当然です、

ほろ酔い気分の際、私の先生は、妹の夫と突然テーブルの下で

お互いに熱烈なる技の競い合いを始め、その直後、先生は私に

「陳君、絶対この人の武術を学ぶべきだ」と云いました、

その日から先生はすべての弟子を浅井先生に委ね、

訓練する事になりました、これが台湾空手の種となりました、

その時僅か一ヶ月の間に浅井先生は、私達に空手の基本武術を教え、

詳しい訓練方法と要点を説明して下さり、更に整理した一揃いの

資料を残してくれました、

 同時に浅井先生は、白鶴拳の威力と七節鞭の奥技を感じて

私にいくつかの白鶴拳の拳套(形)と組手及び七節鞭の要領を

たずねました。

意外にも、浅井先生は10日以内に、私が十数年かけて練習した

武術の7割を掌握しました、実に人をして、先生の武術天份及び

その勤練なる精神を称賛せずにはいられません、私達は更に

先生のことを尊敬しました。

其の後、浅井先生は、5年間ハワイへ派遣されて、空手を教えに行きました、

その間私達は書信と写真を使って先生に各種の技術と問題を教えて頂きました。

5年後、師範夫婦たちは、約束通り、空手を広める為に、台湾へ来ました、

ある演武の時、浅井師範の威力がもっと驚きに満ちており、

技ももっと柔らかく、美しく優雅で、精妙になった事に気づきました、

よく見ると、師範は、白鶴拳と七節鞭の精髄を空手に融合して、

攻撃と守備が同行し、後発して先に着力し、

その威力が、更に強くなった独自の浅井空手になっていました、

数年後浅井師範は日本の総本部へ帰り、協会の技術局長と首席師範を

担任し、1990年にIJKAを創立しました、

2000年にJKSを設立し、両会の首席師範を担任しました

毎年の交流訪問時に毎回、私は首席師範の空手にまた新たな技術が加わっている事に

気づきました。

首席師範に追随して、この40数年間、常に新しい収穫と体験がありました、

そして、首席師範の武術家精神は更に日常生活の対人、処世上に於いて実践し、

その武術が、高くなればなるほど、人間性に於いての武徳も一層嚴謹となっています、

実に私達国際日本武術空手道会(IJKA)の立派な会祖であります、

今日私達は縁があって、ここに一堂に会し互いに切磋琢磨しあうことができ、

会祖、そして第一代首席師範の門下で学習し、更に高い武術技芸及び武徳修養が

できる事を慶び幸いとしなければなりません。

 国際武術空手道会 IJKA

  主席師範  陳宏宗

2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会、
無事大成功に終わる

台湾から無事帰りました、

お陰様で9月27日の2014浅井盃IJKA国際武術空手道フレンドシップ大会は、

無事円満に、大成功に終わりました、

此れもひとえに皆様のご協力のたまものと心から深く感謝申し上げます。
014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽冊子
014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽冊子2
014浅井盃IJKA台湾国際空手道友誼賽冊子3

「2014IJKA浅井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会」
準備盛り上がる

 9月26、27、28日に台湾、台北で行われる
「2014IJKA浅井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会」及びイベントの準備が盛り上がっています。
外国からの参加者にインヴィテーションを送ったり、 参加申し込みの受付、ホテルの手配、確認
送迎手配、観光案内及び準備、試合会場の準備
全台湾の記者会見の手配
試合奨品の注文、確認、大会記念品作成、確認
パンフレット作製、その他諸々
台湾台北IJKAの理事達、国際教練達、
そして幹部達、道場練習生の保護者達、みなさん自分の仕事をこなしながら、快く多額の寄付をしたり、
大会の準備に熱く盛り上がっています。

2014I JKA浅井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会
準備會議 2

2014年5月31日 IJKA浅井カップ會議

日時:2014年5月31日17:00~21:00
場所:金の箸
参加者:

IJKA理事長 淺井惠子
國際主席師範 陳宏宗
國際技術局長 陳興桂
國際指導員 城所俊行、汪儒郁、周智文
國際部長 林茂椿
台灣IJKA秘書處 林銓正、紀邦彦.
哲彦館幹部人員 陳麗珠、賴啟東、賴怡宏、陳健財、許俊雄、 林正昌、林正昌、翁秋賢、蘇芳彰、
簡志穎、梁洪陶等.

■活動行程
日程 時間 活 動 内 容
2014年9月26日(金曜日) 午後
各チーム代表の到着報告、及び審判会議 國際選手歡迎會
Welcome Party
2014年9月27日 (土曜日) 全日 2014 IJKA浅井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会
2014年9月28日(日曜日) 午前
午後
2014年IJKA國際武術空手道會審判 / 指導員講習會
IJKA高段審査、指導員/ 審判及審査員資格審査
Teacher’s Day Party

2014年5月31日 IJKA浅井カップ會議

■活動場所:中華電信中正堂體育館


其の他、準備会時間表、大会名、演武、記念品作成等に
ついては、IJKA5月4日「2014 IJKA浅井カップ台北
國際空手道フレンドシップ大会準備會議」の通りである。

・謝恩会の英訳は「Teacher’s Day Appreciation Party」
 に決定。

・大会後の選手達の観光は理事長の招待で行う事となった。
 又、理事長から以下の如く説明があった。

・最近、ある国の人がIJKAの団体会員資格取得後、すぐに
 無断で高段審査を行い、IJKAのロゴを自分の名で登録した
 ことについて、其の国の弁護士に依頼し、良い方向に進ん
 でいる。

・他組織の個人会員参加に関しては、個人会員証及びパスポートは、当組織の活動を行うもの。
 当会の技術講習を受け、指導員、審査員、大会審判員、其の他の資格を取得するためにある。
 それなくしては、意味が無いのである。
 参加希望者は、みんなで会って此方を理解して貰い、此方も先方を了解して、お互いに意思の疎通を行った方が良いという、
 全員の意見であった。
 故に、入会希望者は、9月26日の、IJKA浅井盃台北國際空手道フレンドシップ大会に参加する事を歓迎すると云う事で
 意見が一致した。


2014 IJKA浅井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会
準備會議 1


日時:2014年5月4日08:20~9:30
場所:IJKA國際武術空手道會總本部道場
参加者:

IJKA主席師範 陳宏宗
IJKA技術局長 陳興桂
   指導員 城所俊行.汪儒郁.周智文.
IJKA總本部道場國際部長 林茂椿
準備委員及び活動チーム 林銓正.紀邦彦.
丁爾聰.饒志超.鄭喻方.鄭雯心.林家鴻.
劉祖誠.賴孔揚

■活動行程
日 にち 時間 活 動 内 容
2014年9月26日(金曜日) 午後
各チーム代表の到着報告、及び審判会議
Welcome party國際選手歡迎會
2014年9月27日 (土曜日) 全日 2014 IJKA浅井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会
2014年9月28日(日曜日) 午前
午後
2014年IJKA國際武術空手道會審判 / 指導員講習會
IJKA高段審査、指導員/ 審判及審査員資格審査
謝恩会

■活動場所:中華電信中正堂體育館

■準備会時間表
日 程 参加 人 員 工 作 目 標 責任者
2014.02 準備委員、
國際部、文書組
文章作成 汪儒郁、 陳技術局長
IJKA總本部道場、 陳技術局長
2014.03 準備委員、
文書組
文章作成 陳技術局長、周智文
陳技術局長
2014.04 準備委員、
文書組
文章作成 陳技術局長、周智文
陳技術局長
2014.05 全體各組 各種準備 陳技術局長
2014.06 全體各組 各種準備 周智文
林銓正
2014.07 全體各組 紀念品作成(ネクタイ、POLOシャツ、貼紙等) 賴孔揚
2014.08 全體各組 大會プログラム印刷及各項文件(證書、證件)
トロフィー、其の他の賞品制作
林銓正
周智文
2014.09 全體各組 各項目の準備完成の確認
新聞原稿書き,記者会開催
大会及び講習会時の弁当準備
汪儒郁
周智文
賴孔揚

■其他討論事項

(1) 大会名:
【2014 IJKA淺井カップ台北國際空手道フレンドシップ大会】

(2) 演武:
・白鶴拳 ・氣功 ・常行形 ・團體形

(3) 紀念品製作:
・Tシャツ ・ネクタイピン ・道衣のロゴマーク 等

(4) Welcome party,謝恩会

(5) 選手達の観光

海外諸国からIJKAへ入会の問い合わせに感謝

海外諸国からIJKAへ入会の問い合わせが多々ありまして、感謝致しております。
ただ、此の度び良くない事件がドイツやアメリカで発生した為、同じ様な事を再発生させないために、入会希望の方とは面談の上お互いの意志を確かめた後、迎え入れる事にしました。新しいファミリーをお迎えするには慎重が大事です。
今年の9月に、IJKA第2回国際フレンドシップ空手大会を台湾台北で行いますので、其の時観光がてらに台北へいらしてIJKA主席師範、インストラクター、理事、役員等にお会いする事を歓迎します。
都合の悪い方は、随時IJKAヨーロッパ本部長・ブルーノコーラさん、IJKAドイツチーフインストラクター・オットーリエディンガー、IJKAイタリーチーフインストラクター・ジュゼッペフォーメントンさんと面会してお話しして頂ける事を歓迎します。

2013年11月17日IJKA国際会議

IJKAは、故マスター浅井の「みんなの為の空手」という理想を受け継ぎ、独裁や少人数で組織を動かす事の無い様に、全ての事は、みんなで決める事にしています 
2013年11月17日 IJKA總本部道場哲彦館 會議

■2013年11月にもIJKA行政會議が開かれました。

第二回国際空手道フレンドシップ大会、台北にて開催決定

IJKA各国責任者全員の賛成により、9月27日に台北電信局活動センターにて開催を決定しました、
詳しくは、2013.12.15の台湾本部道場からの報告を御参照ください。

イタリー Mr.フォー メントンさ んの心意気に感激しました。

フォーメントンさんは云いました。「今の空手マンは、権力と、金と、段位の事だけし か考えていない、
此れは私が、此の環境から離れて外に居る原因である。何故なら私は、此れ等の事に興味が無いからだ。」と。
此のメールを読んで、私は熱い涙を流しました。
此れこそ眞の空手精神であり、武士道精神であります。
一人になっても、毅然として、堂々と正しい空手の為に奮闘するというフォーメントンさんに拍手を送ります。
此れこそ私達マスター浅井I.J.K.A.空 手の真髄です。
此れを機に、世界中の正義を重んじる空手家たちが、やみくもに義理人情、道徳に背いて、権力、金、段位を追求してやまない空手マン達を正して下さる事を願ってやみません。
その日が来るのを私は信じています。
フォーメントンさんの様な正義感の強い空手家達がたくさんいらっしゃる事を私は知っていますので。

台湾本部道場から報告が入りました

ドイツの非法会員を除名しました


Mr.Bernhard Keller
貴殿の会員資格を解除します。
その理由は、下記の如くIJKAのルールに反する行為を行った事にあります。

①本部に対して、IJKAのロゴ及びマスター浅井の写真を使用する許可を得ずに使用したこと

②IJKAのルール、第5に「各種空手大会の開催については、技術局を主体とし、事務局と連合協議の上、各団体会員の意向をはかり、決定する。」というルールに反し、
 総本部及びIJKA技術局とコンタクトなしに、IJKAの名に於いて、大会を行った事

③段位審査についてのルールに反し、段位審査の資格を得ずして審査を行った事

貴殿の本会除名後、IJKAの名及びロゴを使用することを全て禁止する。



以上のIJKAルールに反した事及び、マスター浅井が何ヶ月も手書きで作成した苦心のロゴを、
勝手に自分の物にしようと、自己の名に於いてロゴ申請の手続きをした醜い行動は、空手道の精神に反し、空手の道を
歩む事に適しないと判断し、貴殿を除名する。

マスター浅井の手書きのロゴ原稿が見つかりました


現在、IJKAが使用しているロゴは、マスター浅井が生前手書きで何十回も何個月もかけて
書いたものです、数十枚も書き続けた原稿を大事にしまってあります、
あまりにも沢山あるので、今日は三枚だけアップします。
マスター浅井の字名は「悠翔」、悠々と空を翔ぶという意味です、
鷹は、高い空の上から、その鋭い眼光で下界を見渡し、
悪を監視していると云われています、そして鷹は孤独であるが、
威厳を崩さず悠々と天空を翔ぶ、とも人々は云い、 尊敬しています、
そういう解でマスター浅井は従来のIJKAのロゴの前に鷹をおきIJKAをしっかりと、
抱えて守って行くと云う心意気で、このロゴを作りました
色の配色など最終的には妻である私も一緒に頭を悩まして考えました、
何十枚も、何十枚も毎日毎日書きました。


剛柔流 山口剛史先生から剛玄先生の空手道DVDが
送られて来ました

剛柔流空手道創立者、山口剛玄先生の御子息である、山口剛史先生から山口剛玄先生の空手道伝説DVDが送られて来ました。
故剛玄先生と、故マスター浅井は親交があり、剛玄先生亡き後は、その御子息山口剛史先生とも親しく、
マスター 浅井が主催する空手大会には、何時もご丁寧にお祝いを届けて下さいました。

故マスター浅井と故剛玄先生は、親しく時々お会いしては楽しそうに笑い声を上げながらお話ししていました。
そんな時私も同行させて頂き、何時も剛玄先生に優しくして頂きました。

先生のDVDを 拝見して懐かしく、胸がいっぱいになりました。
此のDVDの素晴らしさと剛玄先生の遺積をここに皆様に御紹介したかったのですが、
複製不可になっていますのでアップできませんでした、
是非ご覧になりたい方は、下記へご注文ください。


ご注文及び、
全日本空手剛柔会への問い合わせは
TEL:03-3395-2311
FAX:03-3395-2312
E-mail:gojuryu@karatedo.co.jp


剛柔流 山口剛史先生からDVDが送られて来ました。

IJKA台北本部道場哲彦館審査会盛況

6月30日 IJKA台北本部道場哲彦館で年に一回定例の
昇級、昇段の審査会が行われました、
その日は一年間休まずに熱心に練習を続けた子供たちが、緊張と期待に満ちたパワフルな空手を見せていました。
会場は熱気に溢れ、見る人を感動させる盛況でした。

IJKA台北本部道場哲彦館審査会の様子はこちら


この後、審査会は段の審査を含め、遅くまで続きました。

ロゴの統一と、技術局英称について

1.私達はIJKAのロゴから「浅井流」三字を削除します
それは、マスター浅井は流派にこだわらないので、
IJKAの団体を一つの流派に定めないという理由からです(特許庁にて許可、登録済み)
しかし浅井空手と称する事はできます。

2.技術局に関して
元来指導員会と称していたが、技術局の中に、指導員会、級段審査会、大会審判員会、其の他が
含まれる故に、技術局と称します。

IJKA国際会議 ヨーロッパで開かれる

日時:2013年5月9日 11:30
場所:IJKA ヨーロッパ本部道場
参加者:
技術局長陳興桂先生
ヨーロッパ本部チーフインストラクターBRUNO先生
ドイツOTTO先生
トルキーMr. Mehmet ,
総本部道場国際部長Mr.林茂椿
ユーロッパ本部秘書Ms. Selina Koller,(Mrs.Gido)

内容:

  1. ヨーロッパ本部秘書Ms. Selinaが説明
    • セミナー開催場所変更の理由について
    • インストラクター大会審判、(judge ,referee)、昇段審査員などは、如何なる資格、技術条件其の他を備えるべきかを皆にはっきり了解する様にするべきである事について、みんなの討論の結果は以下の通り
      ・インストラクターの資格は一般の規定通りとする
      ・大会審判資格は陳技術局長、陳主席師範との検討の結果。
      ※3ランクに分ける事とする(国際ランク、各州ランク、各国ランク)
      ※副審から始める事など、より多くの審判員を養成し、来年イタリーで行われる国際 
       大会の需要に応える様にする事。
      ※主、副審の英文名称を統一する事(現在は、主、副、反対の違った使用である)
      ※審判の受験者は組手の実践経歴を備え持つ事を規定をする
  2. トルキーのMr. Mehmetの発言
    • 此の度の陳局長が行った、IJKA空手のオリジナルコンセプト及び技術の説明と模範演武は非常に良く、みんなに解りやすく、みんなの云うIJKA浅井空手の他の空手と違う精巧なテクニックと猛威を理解できた。
    • IJKA組織活動に参加する人達の条件に関して
      ドイツ OTTO先生はヨーロッパには多くの地方性組織があり、IJKAは成立時間が短いので、セミナーを開催することはプロモーションの機会となるので、条件を設定する必要はない。但し昇段審査、インストラクター、大会審判員等の各種資格に関しては、忠実に考慮しなければならないと発言した。
  3. 総本部道場国際部長Mr. 林茂椿により、浅井理事長のメッセージを以下の通り伝えた
    • 来年、イタリーで行われる国際フレンドシップ空手大会について
      責任者のMr.フォーメントンが今回のセミナーに参加していないので打ち合わせができなかったが、彼のメールにより今年の9月、イタリーセミナーの際に、陳局長と打ち合わせをし、場所とその内容を決めるとの事。
    • 各会員国はIJKAウエブサイトをよく開いて、組織の活動をより理解し日本総本部からの送信を受けた時は速やかに返信する事などを希望する。
      忙しい時は、先きに「”Received will reply soon,…”」でも良い、日本総本部は受け取ったか否かについて催促しなくて済む様にする様に。
      ※全員満場一致で賛成した。
      • 新しく入会を申請するにはその資格証明書及び会費支払い方法について
        入会希望者は、入会後の作業を順調に行う為に、その詳しい資料・空手経歴、証書などを提出すること。
      • 会費支払いは、双方の銀行手数料の節減の為、一律PayPal-日本円で支払う事。
    • 浅井首席師範の「実技空手道」の本は、陳局長及び陳主席師範により校正中である。
      (本の写真について)
    • 組織内の各種任命書は(日本文、英文両方掲載の)目下Mr. 林銓正の協力により処理中である。
    • IJKA LOGOを統一する
      ※Ms.SELINAの「バックラウンドに空を足してもだめですか?」という問いに対し。
      Mr.林は即座に「No」と答えた。

ドイツスペシャル空手セミナー、スイスマスター浅井メモリアル空手キャンプの写真が届きました

2013年5月4日にドイツニュルンベルク、5日にミュンヘンにておこなわれた ドイツスペシャル空手セミナー
そして2013年5月9日にスイスヨーロッパ本部道場にておこなわれたマスター浅井メモリアルキャンプの写真が届きました。

5月4日ドイツニュルンベルクスペシャル空手セミナー写真はこちら

5月5日ドイツミュンヘンスペシャル空手セミナー写真はこちら

5月9日スイスマスター浅井メモリアル空手キャンプ写真はこちら

マスター浅井メモリアル空手キャンプ2013,スイス ルーチィンにて無事終了!

定例のマスター浅井メモリアル空手キャンプが2013,5, 12に無事終了しました。

スイスのルーチィンにあるヨーロッパ本部道場から報告が入りました。以下はその報告文です

私達のヨーロッパ本部道場に於いて、パワフルなマスター浅井メモリアル空手キャンプ2013はスイス ルーチィンで、30人位の空手家が朝早く(6:00~夕方の18:00迄)和気藹々とした中で熱く行なわれました。
そして6人の生徒が初段の審査に合格しました。

KEIBOU先生に素晴らしい教えをいただいた事に重ねてお礼申し上げます。と共に、このキャンプに参加した全ての生徒に感謝します。

ossu、BRUNO KOLLOR

IJKA,台北本部道場 国際部長 Mr. 林茂椿から、メールが入りました。

ドイツから,「Einmaliges Seminar mit」の様子が伝わって来た。
2013.5.5にドイツで行なわれた、「Einmaliges Seminar mit」の情報がIJKA台北本部道場の国際部長 Mr.林茂椿から メールで伝わって来た、以下その文である。

昨日ドイツで行なわれた、第一回技術講習会に、約40人の人達が集まった。
第一クラスでは数人の低ランクの生徒が参加していたが、 第二、第三クラスでは、ドイツの各地域から、松涛、糸東、剛柔流、の 指導員達と黒帯の人達で過半数を占めていた。更にスイスとオーストリアから馳せ参じた二人の空手家が参加した。

彼等は、IJKA,ドイツ支部の指導員 Mr.OTTO, 等、台湾本部道場へ 行った人達の云う、「特別な浅井空手」の事を聞き及んで来たのである。

最初に陳技術局長が、マスター浅井と陳主席師範が台湾に於いて空手技術の交流をし、広めた事を説明した。続いてMICHAELが、 準備運動の音頭をとり、その後に彼は台湾で、陳主席師範及び陳局長から習った。マスター浅井が好んでいた白鶴拳の展翅動作の演武に参加して、満場の好奇心を引き起こした。

次の技術講習は「順路」「常行」などの型及び、基本動作の練習以外に 陳局長は、Mr.OTTOと共に白鶴拳の「過馬」から転じた。「簡単」で「効力の強い」、そして「守り」や「推す」「打つ」「投げる」などの攻撃の技を披露し、みんなを震撼(SHOCK)させ、強い興味を引き起こした。

稽古をしているうちに、大部分の人の動きが硬く、肩を緊張させ、 肩から出発して、肘をおとして、腕や指でSNAPする事を知らないで、急激に下へ切り落としたり後方や横へ引き伸ばしている為に、 陳局長は、先に養生功の中の「肘使い」や「展翅」、「過馬」などをゆっくり練習させたので、みんな徐々にその要領を会得することができた。

中には、自分が、そんなに軽やかに、相手を制したり、ましては、相手を推し出したり投げ倒す事ができるなんて、信じられないと思う人も居た。

終了後、みんな粛然と敬意を表した。そして騒然と技の討論をしたり、写真を撮ったり、サインを求めたりした。

その日の晩餐会でMr.Bruno(IJKAヨーロッパのカントリーヘッド)が、 「やっとみんなは、私が常に云っていたみんなの半信半疑である空手を見学することができた」と何度もくり返して話していた。
それでみんな、浅井空手と白鶴拳の話で持ちきりだった。

そして、大部分の人は、面識の無い浅井首席師範及び陳主席師範を心の中で武神と崇めていた。
Mr.OTTOとMr. GEHARDは人脈が広く、空手の友達も多く、空手道を熱心に広めている。
Mr.MICHAELは、台湾へ行って習った技術を宝の様に大事にし、正確に練習することに努力している。そして生徒を教えるのに、親切で優しいのである。

今回の大会の成功は、本物の空手技術以外にMr.OTTOの即席翻訳及び懇切丁寧に生徒達に教えていることの功も大きかったのである。

以上を陳主席師範に報告して下さい、そして、兄弟弟子達及び空手の生徒達に我々が稽古している環境は最優秀であり最も幸福である事を理解して欲しい。
                        林茂椿 ドイツより


2013.5.6 林さんからドイツより2日目の技術講習会の様子を知らせて来ました。
初日と同じく初級~高級の各1クラスずつである。昨日一日の震感教育に加えて、その夜の晩餐会の交流を経て みんなと顔合わせをした時は、とても礼儀がよくなっていた。
そして、みんなの動作も大体スムーズになった。

高級クラスは、昨日の復習をした以外に、陳主席師範が常に教えている「気力」の練習もした。
繰り返し練習をした後は、ほとんどの人が如何にして態勢を維持し、体内の筋骨の気を運用し蛮力を使わない事を把握できたようだ。
続けて陳局長は、更に相手の攻撃に対し,マスター浅井が良く教えていた脚を相手のInside又はOutsideに移動して、片手で一撃のもとに相手の体勢をくずし、 又は倒したりした。

みんなは毎日ウォーミングアップで練習していた手回し運動が必殺技になることに驚き且つ興奮した。
特に(Combat)を練習している人は、 終了後、全ての人達は空手パスポートを持って陳局長にサインを求めた。そして、熱烈に感謝の意を表していた。

講習会のあとMr.Ottoは熱心にMichelleと今後技術高尚にして温和な陳技術局長、更にその上の陳主席師範及び浅井首席師範を 見習って礼儀正しくしなければならない。彼等はこの先生方が日本の指導員の様に厳粛ではないからと、なれなれしくしない様に と話していた。

                        林茂椿 ドイツより

2013.04.13 台湾台北総本部道場に於いて、行政ミーティングが行われました。

台湾台北総本部道場に於いて、行政ミーティングが行われました。 日期:2013年4月13日

場所:IJKA 台湾総本部道場(哲彦館)

参加者:
理事長浅井惠子
主席師範陳宏宗
技術局長陳興桂
国際部長林茂椿
指導員周智文
理事紀邦彦 IJKA TAIWAN
本部道場秘書陳麗珠 IJKA TAIWAN

議題:

  1. イタリーで行われる、第二回I.J.K.A.国際フレンドシップ空手道大会について。
    すでにイタリー支部カントリーヘッドの責任者に、総本部道場及び日本総本部が大会開催の費用を一部賛助する旨をメールで伝えてある。
    現在、イタリーの責任者に準備状況を知らせる様、問い合わせている。
  2. 会議記録はI.J.K.A.のサイトにアップするので、各会員国は常に確認して欲しい。
  3. 各会員国は空手の証書及び如何なる資料を受け取った後、必ずそれ等を領収した事を総本部に知らせるべく領収書にサインした後、総本部へ送り返す事。
  4. 入会希望者の資格及び経歴をどの様に検証するか?については、希望者に空手に関する証書及び経歴等を提出して貰い、技術局が検討した後に入会許可を決定する。
  5. 総本部に収める、段位登録費及びその他の費用はすべて日本円で送付すること。
  6. 現在、総本部ではPAYPALに口座を開設したので、各会員国も今後の費用送付に有利である為、PAYPALの口座を開設する様に。
  7. 総本部から発行する、I.J.K.A.の各招聘状は、林銓正先生の協力のもとに行うものとする。

Special Seminar with Chen Hsin-Kuei

Special Seminar with Chen Hsin-Kuei 2013年5月4日, 5日 ドイツ ニュルンベルク 
Chen Hsin-Kuei is a 7-DAN of IJKA Shotokan Karate
- trained in Japan
- former taiwanese Champion
- White Crane Kung Fu Master
- Nephew of Asai Tetsuhiko, 10-DAN Karate
Seminar teaching is conducted in English
Pupose is the introduction and perfection of principles and katas of Grandmaster Tetsuhiko Asai
Location is Georg-Ledebour-School, Georg-Ledebour-Straß e, 90473
Nuremberg/Germany
Price is 25・ per person
For participation, please contact bilska.erich@kenshokan.de or otto_riedinger@yahoo.de

I.J.K.A主席師範 陳宏宗先生の特集本と論文が発行された

この度、台湾行政院体育委員会の助成を得て、台湾身体文化学会により、台湾空手道の先駆者として、陳宏宗先生の空手人生及び、マスター浅井と台湾空手の歴史を紹介する本が出された。
又、台北市立体育学院競技運動訓練研究所より碩士学位論文が作られた。
それらの内容は追って紹介します。


台湾身体文化学会からの発行


碩士学位論文

I.J.K.A主席師範健在

主席師範陳宏宗先生は、一時健康をくずされたが、現在体調を取り戻し、
総本部道場で人材育成に励む毎日である。
写真は、2012.11月10日、11月11日に福岡で行なわれた全日本少林拳、武徳会60周年記念玉照大会のお祝いに
 愛弟子達を連れて馳せ参じ、浅井空手及び白鶴拳を演武した。
陳先生は、全日本少林拳武徳会、故二代目宗家「森實芳啓」先生と固く結ばれた義兄弟であり、
マスター浅井も二代目宗家と親交があった。


記念品贈呈、三代目宗家、森實修司先生と


入場する技術局長 陳興桂(写真中央)と黒帯の高弟子達


浅井空手の演武


白鶴拳の演武


大会に於いての元気な陳先生


祝辞をのべる陳先生



少林拳武徳会、初代宗家、末永節先生は 中国国父孫文先生の大いなる支持者であった

↑若き頃の末永先生↑孫文先生

Master Asai Memorial Karate-camp 2013 がスイスで開催されます。

2012年5月9日~12日

Master Asai Memorial Karate-camp 2013 Master Asai Memorial Karate-camp 2013

2012年12月26日, 28日 台湾台北市 IJKA總本部道場哲彦館で国際行政ミーティングが開催されました。

行政ミーティング 日期:2012年12月26日

場所:IJKA 台湾総本部道場(哲彦館)

A.参加者
理事長浅井惠子
主席師範陳宏宗
技術局長陳興桂
国際部長林茂椿
指導員城所俊行
指導員汪儒郁
指導員周智文
副秘書長林銓正 IJKA TAIWAN
理事紀邦彦 IJKA TAIWAN
本部道場秘書陳麗珠 IJKA TAIWAN

B.議事録

  1. IJKA各職位の任命書を発行する。
    IJKAのロゴの下に日本文,その下に英文とする。
    国際部が責任を持って原稿を作成し、日本総本部が発行する。
    各職位の任期は2年。再任可とする。
  2. 空手パスポートを、個人会員証と共に発行する。 費用は¥2500
    これはマスター浅井逝去の前にミスター内藤に託した遺志を継いだものである。
  3. 現在、英国、ドイツ、インド各国から、個人会員の申請がある。
  4. イタリーが世界カップ空手大会を主催することに助成する。
    主催国が経済的に大きな負担とならないようにIJKA総本部及び本部道場は熱烈に助成する事。
    (大会の準備,スケジュールをくむ,食事,ホテル費の助成)講習会、段位審査、演武を共同開催するなど。
  5. 国際大会の開催時期を決めないで、各地ゆるやかに主催できる様にする。
  6. 後日SKYPEを利用して国際会議を開くこととする。
    理事長が、日本、台湾と奔走する体力と経費を節約し、各国の会員国の責任者ともSKYPEを通して会えるので、 お互いの意思疎通及び親睦に大変良い事である。
  7. 総本部道場は、空手の練習風景や技術演武の映像を撮り、ユーチューブ等に発表する。

C.理事長からの補足
●時間の関係上、ミーティングで、議題にできなかったが理事長、浅井惠子の提案を補足します。

  1. 各道場で、熱心に空手を練習している会員さんを 特別紹介して頂き、その資料を日本本部へ送って欲しい、I.J.K.A WEBサイトで「特別紹介」というコーナーで 発表します。
  2. 空手パスポートは初回のみの発行になるので、会員の費用は二回目以降¥2000JPとなります。
    パスポートを紛失した場合再発行費は¥500とします。
  3. 本部から発行された証書を受け取ったら必ず受領書にサインし、スキャンして本部にメールして下さい。
  4. メンバーシップFEEは必ず申請者の名義で振り込む事。他の人の名前で振り込んでも誰か分りませんので、誰の証書発行していいかわからない。
  5. メンバーシップFEEは必ず受け取る側の、IJKAの名義を記入する事。それが無ければ銀行は受け取らせてくれません。

2013年からI.J.K.A総本部より空手パスポートが発行される

2013年よりIJKA総本部から空手パスポートが個人会員証と合わせて発行される。
その費用は、個人会員証とあわせて年間¥2500-とされた。

第二回IJKAキャンプイタリーが行なわれました

第二回IJKAキャンプイタリーがMr.Formenton Giuseppeの主催で、2012,9月14,15,16日にLignano Sabbiadoro (Udine)で行なわれた。
Mr.Formenton Giuseppeの意向により、今回は黒帯と茶帯の人達のみの小グループに限定したとの事
大会写真はこちら

8月22日,26日 行政ミーティングが行なわれました

故マスター浅井の遺志である「組織を私物化せず,みんなの為の空手組織」を実践する為、
組織の公的事項は,総本部事務局(東京)と,技術局(台北)で行政ミーティングを行なう事にしています。

日期:2012年8月22日 時間:PM08時0分より
日期:2012年8月26日 時間:AM10時0分より
場所:IJKA 台湾総本部道場(哲彦館)
出席者:理事長淺井惠子、首席師範陳宏宗、技術局長陳興桂、国際事務部部長林茂椿、秘書長汪儒郁、周智文、林銓正
記録:林銓正

一、原内規第十条に「各地区の総本部を通さなくても、個人会員は直接日本総本部と連絡できる」と規定されているが、申請者は該当地区の 総本部にもMailのCcで送る事とする。
日本総本部は申請を受け付け次第、地区総本部に申請者の情報提供を求める。
地区総本部の責任者は、その負うべき義務は、国内支部道場及び近隣国支部道場の空手道活動に協力し、世話役的存在である。権力の象徴ではないことを認識すべきである。

二、すでにWEBSITEで公表されている「段位審査」又は入会の規定以外に技術局は迅速に、その詳細なる規則を定める事。

三、IJKAに所属する各部の職称及び、証書用語の英文を翻訳した中國文は統一する事とし、まず技術局が先にその原稿を作成し理事長に送り、承認を得る事とする。

四、故マスター浅井の遺志によりIJKA空手パスポートを作成する。

五、2013,イタリーで行なわれる国際空手大会は、台湾からも当然参加する事。

行政ミーティング

8月5日 故マスター浅井の七回忌法要無事終了しました

東京都高尾市にある東京霊園に於いて8月5日に故マスター浅井の七回忌法要が、しめやかに行なわれた
浅井家親族及び、空手界の人々約50人が参列し無事終わりました。

8月3日 故マスター浅井追悼コンサート「花の宴」を開催しました

故マスター浅井、七回忌追悼の意を含めた、花気法「花の宴」コンサートが横浜市、東神奈川駅にある、
神奈川区民センターかなっくホールにて開催されました
主催はミセス浅井が代表を務める、インターナショナル気法健美操と、健美プロダクション 共催は、月刊ミュージックスターと
NPO法人 日本児童歌・舞・劇団で昼の部と夜の部二回公演でしたが、気功の集大成である花気法は、本邦初の為多くの方が、
戸惑った様子でしたが、主催者浅井惠子の熱心な気功の指導及び、ジャパンクラシカルソングスとデュークエイセスの歌など大好評で、
来場者の慰めとなった様です。


故夫への追悼の意を込めて「蘇州夜曲を唄う浅井惠子 」


人々の健康を願って丹田に気を集める気功呼吸法を指導する浅井惠子


N.P.O法人日本児童歌、舞、劇団 団長 深井清佳によるミュージカル「竹姫」の1コマ


プログラムに載せてある、丹田の説明

人体には七つの丹田がありますが、お臍のしたにある下丹田は身体の中心にあるとても大事な丹田なので「丹宝」とも云われます。
またここは男性の精室であり、女性の胞宮(子宮)のあるところで、体気が集まるところなので「気海」あるいは精を生み、精を固めるところなので「精田」とも呼ばれています。 鍛錬中にそのところを注視すれば、意識を集中することができ、大脳に十分な休息を与えストレス解消、痴呆予防となります。
さらに呼吸を調整し、精を固め腎臓を強化して失禁の改善、精力増強等に有効とされています。

Annual Master Asai Memorial Karate-camp 2012盛大に終了。

2012年5月の17日から20日にかけて行なわれた、定例のMaster Asai Memorial Karate-camp 2012がスイスにて約100が参加者し、盛大に終了いたしました。
大会写真はこちら

故マスター浅井が生前に書いた文章が出てきました

あまり関係ない文は省略して大事なところだけ翻訳していただきました。
- - - - - - - - - - - - - - - - 中略 - - - - - - - - - -  - - - - - - - 
I・J・K・Aは流派にこだわらず、空手を愛好する全ての団体、或いは人々が参加でき、空手の真髄を探求し、心技一体を実現させ、快速に発展する時代に即した、新しい空手の技を 研鑽する会です。
その提唱する主な心条は、流派を問わずとゆうこと以外に
●失われつつある空手道の武術性を復活すること
●あらゆる武器に対する空手技をも身に付ける
●人々の幸せと健康を願い、技のみにかたよって身体を傷めることのない様、健康面の 促進にも着眼する
●空手を愛する人が年令に制限されることなく生涯続けられる空手道を強化する
●男女の体力に適した技を普及する
- - - - - - - - - - - - - - - - 中略 - - - - - - - - - -  - - - - - - - 
以上がマスター浅井のI・J・K・Aに対する考えです。私達はそれをマスター浅井の遺訓として受け取らなければなりません。
特に、「更に最も大事な事はみにくい争いを引き起こす派閥を失くし、空手道を真に理解する人々が和気藹々と一堂に会して楽しく空手道を修練すること、これは世界中の空手を学ぶ人々が望んでいることであり、ひいてはそれが世界平和を願う心に繋がると信じています。」

International KARATE Tournament in Italy 2013 のミーティングについて

Mr ブルーノさんの企画で Master Asai Memorial Karate-camp 2012 の大会の後にinternational KARATE Tournament in Italy 2013 についてのミーティングを行なう予定です。

Master Asai Memorial Karate-camp 2012 がスイスで開催されます。




IJKA,行政ミーティング

1)IJKAは、故 浅井師範生前の「みんなの為の空手であるべき」という意思のもとに活動しています。
故に、物事を決める時は、必ず行政ミーティングを行なっています。

2)2012.2.19日に台北で行政ミーティングを行ないました。


3)国際日本武術空手道会
会議記録
日期:2012年2月19日
時間:12時30分より
場所:台北市 欣葉餐廳
出席者:淺井惠子、陳宏宗、陳興桂、林茂椿、城所俊行、汪儒郁、周智文
記録:張美娟

● 2012年 IJKA活動に関して
2013年にイタリーで行なわれる国際空手道フレンドシップ大会に参加する台湾代表選手団を、2012年末に選抜大会を開催し選出する。
詳細なる計画は3月に準備会を召集し検討する。

● 総本部と会員国の連絡に関して
総本部のホームページにアップしている組織表の役職にある人には、総本部から任命書などの証明書を発行する。文は英文と日本文によるものとする。

会員国で総本部に対し技術局教練の要請をするには、派遣申請書をまず提出すること。(フォームはホームページにアップしてある)
派遣する技術局教練は国籍を問わず、ヨーロッパの教練も派遣するものとする。
(アジアの空手団体も視野にいれて)

グローバルな経済不況を考慮して、空手を愛する人の為に、道場の年会費を¥10000としている。総本部のホームページにすでにUPしている。

各会員国は研修活動などを行なった時、ホームページにアップ出来るように速やかにその画像及び経過を総本部に送ることとする。

各会員国は互いによく連絡しあい、助け会い親睦に勤めることとする。

技術国はHEAD OF TECHNICAL OFFICE とする。

国際部長はIJKA事務局の中に設置する。

総本部ホームページにアップされた日、英文のトピックスを台湾本部道場、哲彦館のメンバー達が中国文に翻訳する。

ヨーロッパ本部道場オープニングセレモニー盛況に行なわれる


写真左から: Mr.Lukas Gerber 1段, Mr.Michel Ritter 1段, Mr.Leos Urbanek 3段, Mr.Nadir Affinito 3段,
Mr.Giosuel Koller 3段, Mr.Bruno Koller 8段。



2012.1.21 ヨーロッパ本部道場オープニングセレモニーが、無事盛況裏に終わり、ブルーノさんからメールが日本総本部に届きました。
「その日は、私達にとって、また、イベントに参加した全ての人達にとって素晴らしい日でした。 私はとても嬉しいです!」


ヨーロッパ本部道場のオープニングセレモニーを祝って日本総本部 理事長から贈られたマスター浅井直筆の道場訓



2011.8.7(台湾)の昇段審査会に於いて8段に合格したブルーノさんの証書



IJKA ヨーロッパ本部道場オープニングセレモニー
 スイス ルツェルンにて開催される

2012年01月21日(土)にスイスのルツェルンにてヨーロッパ本部道場オープニングセレモニーが開催されます。

大会に関するお問い合わせは、http://www.jika-europe.comまたは、http://www.budoschule-luzern.chまで。



イタリー技術講習会盛大に行なわれた

2011.11.24~11.27日 イタリー LIGNANO SABIADOROにて行なわれた技術講習会は台北総本部道場より技術局長、陳興桂が赴き、三百人の参加者と共に熱意に満ちた稽古が盛大に行なわれた。

大会写真はこちら


IJKA,イタリーにて、空手技術講習会開かれる

国際日本武術空手道会IJKA,イタリー支部主催の空手セミナーが2011.11.24~11.27日 イタリー LIGNANO SABIADOROにて行なわれる。
支部長、FORMENTON GIUSEPPE さんは、2011.8.6 台北で行なわれた国際空手道フレンドシップに於いて、チャンピョンの座を獲得した。
8月7日のIJKA,国際行政ミーティングに於いて、理事長 浅井惠子の推薦により、主席師範をはじめ満場一致の賛成を得て可決され IJKA技術局国際指導員となった。
その要請により、IJKA技術局総本部から技術局長 陳興桂が赴き指導にあたる。



IJKA 総本部有段者猛練習

IJKA TAIPEI総本部では毎週日曜日午前6:30~10:00迄、黒帯有段者達が主席師範陳宏宗先生の特訓を受けて猛練習をしている。
陳先生は今年の5月に体調を崩されたが、それにも負けず熱心に指導を続けている。
外国からも練習に来られる会員さんも多い。


後列の一番奥がフランスからのMr.Dominique Aymer Aymer de la Chevalerie


右手奥、指導中の技術局長 陳興桂


マスター浅井の技を熱心に練習する黒帯 有段者達


三時間半にも及ぶ猛練習 疲れも見せず気迫に溢れる
(50代、60代を含み、2年間も休まづ続いている)

KATA KYOHONに関して

 私は、故マスター浅井のお弟子さん達が、先生の新空手を広めて下さる事に対し、とても喜びを感じています。
しかし残念ながら KATA KYOHON を発行するに当り、師匠であるマスター浅井が一生をかけ、辛苦を重ねて創作した新空手道技術を無断で、しかもその遺影をも業務として使用しました。其の際にマスター浅井の遺族であり、法律上の正式相続人でもある浅井惠子に何等報告挨拶もありませんでした。それはマスター浅井に対して、礼儀を欠く事であります。
 空手道は技術だけの武術ではなく、其の最も重要とされるのは精神的修養であり、その修養は礼儀を最先とします。空手道の五条訓に於いても「礼儀を重んじる事」を掲げています。
此の事は、全ての空手道を学ぶ者の周知の事であり、ましてや先生たるものが其の事を知らないのでしょうか。
 若し、事前に遺族の私に対し、即ち法律上の正式相続人浅井惠子に対し、何等かの連絡報告があれば、私はきっと感謝のメッセージ、及び贈呈品を送り、IJKAのウェブサイトに励ましのコメントを送った事でしょう。


遺族 浅井惠子


2011台北國際空手道友誼賽 に送られたコメント


・理事長 浅井惠子コメント
・主席師範 陳宏宗コメント
・総統府 戎義俊先生コメント
・各国からのコメント

昇段審査にパスしました

昇段審査結果

二段
謝佳皓,頼怡宏,簡志頴,
葉精國,鄭雯心 (台湾)
合格しました
三段
張美娟(台湾)合格しました
Leos Urbanek,
Nadir Affinito(スイス)
合格しました
四段
SCHOENFELDER, GERHARD(ドイツ)
Giosuel Koller(スイス)
合格しました
八段
Bruno Koller(スイス)合格しました

IJKA国際昇段審査が行なわれた。

8月7日

・陳興桂技術局長、Mr. Bruno Koller、Mr.城所俊行、三人で審査が行なわれた。

アシスタントとしてMr.汪儒郁、Mr.周智文、Mr.Otto Riedingerにより
号令、資料整理などを行なった。


・四段からは、主席師範 陳宏宗先生が病を押して、加わり審査が行なわれた。
陳先生の大会に対する熱意がみんなに伝わり更に熱気に満ちた審査となった。

國際武術空手道會親善大會檢討會議


會 議:2011年IJKA國際武術空手道會親善大會檢討會議
日 期:2011年08月10日
地 點:IJKA國際武術空手道會淺井流總本部道哲彦館
参加人員:

IJKA理事長 淺井惠子
IJKA技術局局長 陳興桂
IJKA總本部道場技術局指導員 城所俊行
IJKA總本部道場事務員 陳麗珠
其他籌備委員 汪儒郁、賴怡宏、闕健中、胡哲維、
簡志穎、陳怡安、鄭雯心、Pascal

会議内容
招待状(インビテーションカード)について
・少なくとも一ヶ月前には発送する。各貴賓等対応が困難。(例・総統府など)

大会カタログについて
・ 大会本部に何冊か保留するように。
・ 各貴賓客に一冊配布する。
・ 各チーム1冊は、不十分。それぞれ6名に1冊ぐらいは渡せる。
・ 主要選手の写真を掲載する。(役員等)

参加選手登録及び参加費用について
・ 各チームは、締切り期日までに登録。
・ 選手参加費用は規定期日までに支払い、当日に支払うことのないように。
・ 大会本部は、所定の領収書を準備し滞ることのないように。

会場において
 記録等の事務手続きは、貴賓客等のステージと別として貴賓客に視覚上の煩雑を避けるようにする。

理事長の意見

* 招待状は各貴賓・関係者に発送する以外に空手会員達に協力してもらい、親戚、友人達に配って貰う。
* 外国から来た各選手達にはパンフレットはプレゼントしたい。
* 大会パンフレットに各国選手の写真は載せてあげたい。
*各チームの参加登録は必ず期日までに済ませること それが遅れると、
主催国はとても大変で諸事がはからどらない。(パンフレットの印刷、ホテル予約、飛行場への送迎手配、其の他 諸々)。

 

【IJKA行政ミーティング行なわれる。】


8月7日、故マスター浅井生前の意向である「みんなの為の空手」を実行する為、海外各国から指導員が集り、恒例のIJKA行政ミーティングが行なわれた。

参加者
1 IJKA総本部理事長浅井惠子 日本
2 主席師範陳宏宗 台湾
3 主席師範助教CHEN,HSIN-KUEI(陳興桂) 台湾
4 日本総本部事務局里村明子 日本
5 技術局指導員BRUNO KOLLOR SWITZERLAND
6 技術局指導員城所俊行 日本
7 台湾総本部道場国際部長林茂椿 台湾
8 IJKA TAIWAN秘書長汪儒郁 台湾
9 IJKA TAIWAN副秘書長周智文 台湾
10 IJKA TAIWAN監事張美娟 台湾
11 FORMENTON GUISEPPE  ITALIA
12 FREZZA ALIGI ITALIA
13 RIEDINGER OTTO  GERMANY
14 李淵深 中国上海
15 MAHAMOOD-ul-HASSANRANA  PAKISTAN

(欠席会員国 USA,ロシア,インド)

議題
(一)IJKA技術局に関して
理事長 浅井惠子の推薦により
イタリア FORMENTON GIUSEPPE(國際6段)
ドイツ RIEDINGER OTTO(國際4段)
台湾 汪儒郁、周智文(國際五段)の4名をIJKA技術局指導員とし
陳興桂を技術局局長(Head of technical office)
とする事に対し、会議参加者全員の賛成を経て可決された。

これにより,2011年8月以後,IJKA技術局指導員(教練)會の指導員メンバーは以下の通りとなった。
主席師範 陳宏宗
技術局長 CHEN,HSIN-KUEI陳興桂

指導員(教練)
BRUNO KOLLOR  SWITZERLAND 8段
城所俊行 日本 6段
FORMENTON GIUSEPPE,ITALIA 6段
汪儒郁 臺灣 5段
周智文 臺灣 5段
EDWARD R FUJIWARA 5段
JOEL CHINEN 4段
RIEDINGER OTTO, Germany4段 となる


(二)友好団体締結について
IJKAは故浅井哲彦先生の空手を受け継いで正統な空手を練習する団体である。
国数が少なくても、小さい組織でも構わない。
友好団体締結はしない方が良い、浅井先生の空手を練習するのならIJKAに加入して一緒に仲良く練習しましょう、という結果となった。

(三)二年後のIJKA国際大会はスイスとイタリアの共催で行なう。時期及び場所は後日発表する。

その他
 1 各会員国は指導員の派遣が必要な場合、総本部に申請する。
 2 パキスタンMahamood-UI-Hassan Rana 氏には、パキスタンIJKAとして空手の発展を進めてもらう。
 

8月7日 サヨナラパーティ盛り上がる


日本、スイス、イタリア、ドイツ、台湾の皆様カラオケで盛り
上がる。 スイス Mr.Giosuel Koller の日本の演歌「与作で」
クライマックス


日本総本部事務局の皆様も負けじと「上を向いて歩こう」で
更にハッスル


何時までも続く惜別の歌声!!

 

2011台北國際空手道友誼賽 盛大に行なわれる。


主催:台湾 日本武術空手道會(IJKA TAIWAN)

指導:NPO 国際日本武術空手道会I.J.K.A、
行政院、内政部、体育委員会
共催:中華民國空手道聯盟(CTKF)
中華電信股分有限公司(CHT)
高雄市空手道協會(KKA) 
台北市空手道協會(TPKA)
中華電信空手道社(CHTCKA)
愛爾達電視公司(ELTA TV)
靖天電視公司(GOLDEN TV)
神旺酒店集団(SAN WANT HOTELS GROUP)




大会写真

【2011台北国際空手道友誼賽成績】



8月6日 2011 INTERNATIONAL KARATEDO FRIENDSHIP TOURNAMENT TAIPEI はスイス、ドイツ、イタリア、日本、香港、深圳、中国上海、フランス、パキスタン等からの参加があり、熱戦が繰り広げられました。
成績は以下の通りです。

親子組團體形1賴怡宏
2賴啓東
3林銓正
賴亭諭
賴威成
林剛平
10~12歳女子組個人形1王怡蘋
2謝采紘
3賴亭諭
 
9歳以下組(男女混合)個人形1陳緯宸
2高博泰
3陳泓仁
 
成年女子組個人形1梁蕙宇
2劉品卉
3張美娟
 
成年男子組個人形1楊岦
2翁仁翰
3葉精國
 
成年男子組個人對打1黄冠智
2Leos Urbanek
3張嘉恩
Michel Ritter
13~18歳女子組個人形1屠德妤
2李怡萱
3林海青
 
13~18歳男子組個人形1劉炫良
2謝政龍
3陳又瑋
 
13~15歳女子組個人對打1李怡萱
2戴鈺恆
3王怡蘋
呂小嫻
13~15歳男子組個人對打1呉哲緯
2李易晟
3黄勁惟
甘晉愷


8月7日技術講習会
昇段審査
IJKA行政ミーティング
サヨナラパーティ
イタリー二人、日本1人帰国
8月8日AM7:30出発、バスにて観光
PM6:00夕食会
8月9日イタリー、パキスタン、ドイツ、中国上海、深圳帰国
8月10日スイス、フランス帰国
8月11日日本、理事長帰国


ウェルカムパーティ神旺飯店で行なわれる


【神旺飯店】
台北市忠孝东路四段172号
Tel:886-2-2772-2121   Mail:reservation@swresidences.com


挨拶する理事長 浅井惠子


主席師範陳宏宗先生挨拶


旺旺集團の蔡衍明董事長の招待で盛大に開かれたウェルカムパーティー

 

8月5日 審判会議の後、神旺飯店でウェルカムパーティが行なわれた。
此のパーティは、今回の2011国際空手フレンドシップ大会の名誉会長(旺旺集団の董事長)ミスター蔡衍明の招待で行なわれた。
 主席師範陳宏宗先生を始め、各国から参加した選手達の顔合わせとなり、お互いに親しみながら次第に熱気がまして、盛大なパーティとなった。


I.J.K.A 日本総本部事務局の皆さんに大好評

「IJKA事務局の皆さん神旺飯店ロビーにて」




2011.8月5日に台湾に到着した皆さん、五日間 
神旺飯店に滞在しましたが、ホテル側の日本には無いサービスにびっくり!!、
「朝食が美味しい!」「毎日届けてくれる果物が美味しい!」「リンゴが甘い」
「芸術品の展示がすごい!」「1階ロビーのシャンデリアがステキ!!」
「ロビーでのサービスコーヒーや旺々のお菓子が美味しい!!」
と大興奮、帰国後も「また行きたいね。」と暫くその話でもちきり。
キナセさんが友達に自慢したらみんな神旺へ宿泊に行くと云ってたそうです。

大会審判講習会行なわれる

8月5日に、8月6日の2011 国際空手道フレンドシップ大会に向けて、審判会議が行なわれた。
主席師範 陳宏宗、アシスタントチーフインストラクター 陳興桂を始め各台湾のI.J.K.A技術局インストラクター及び、各国から参加したチームのI.J.K.A技術局インストラクターが集まり、8月6日の大会が、順調、公正に行なわれる様入念に会議が行なわれた。
其の後、スポンサー旺旺集團によるウェルカムパーティーが神旺飯店に於いて、盛大且つ熱気に満ちて、開催された。

記者会が行なわれました。

8月3日14:30、8月6日に行なわれる国際空手道フレンドシップ大会に先立ち
記者会見が行なわれました。

詳細(翌日報道された内容含む)はこちら

2011年5月7日台湾IJKA成立大会

台湾IJKAが台湾政府からの許可がおり、台北「興亜国中」において林銓正氏を中心に成立大会が行なわれました。

理事長 浅井惠子のスピーチアシストチーフインストラクター 陳興桂氏


設立大会に参加した会員達理監事選挙


理監事得票結果当選した理監事合同写真


選挙結果
理事長陳主席師範宏宗
副理事長陳先生興桂、許俊翰
常務理事賴啟東、賴怡宏、李月桃
理事城所俊行、粘竺儒、丁爾聰、紀邦彥、簡志穎
謝秀福、梁洪陶、陳健財、許俊雄、卓政瑋
謝佳皓、翁秋賢、林正昌、黃進發、蘇芳彰
候補理事樓益安


常務監事陳麗珠
監事張美娟、胡哲維、周安宇、林志軒
候補監事鄭雯心


国際空手フレンドシップトーナメントについて

2011年8月6日に台湾台北で行なわれる、国際空手フレンドシップトーナメントに 参加する方は、サイトより申込書をダウンロードして、メールで送り返してください。 飛行場の送り迎えやホテル予約、その他諸々の準備がありますので、ぜひ宜しくお願い致します。

2011.3.27 台湾台北インストラクターミーティング

○議題【段位について】

・浅井惠子理事長
「現在自分の所持している段位より1ランク上の段位を得る為、審査を受ける人は、IJKAのホームページにある審査内容を練習して審査を受け、その技術が合格したら証書を渡すということをサイトにアップしているが、それについて意見はありますか?」
陳宏宗主席師範
「自分が受ける段位の技術が、首席師範を始め技術局審査員が合格と認めた場合はそれで良いと思う」

・浅井惠子理事長
「マスター浅井のシステムにある、審査を受ける年数が足りている人は二段階アップの
審査を受けることができることに関して、意見はありますか?」
この問いに、指導員会の指導員の間から下記の意見があった。
1. その年数の間、まじめに練習をしている人に限る。
2. その年数は足りていても、空手の練習を中断している人はNOである。

・浅井惠子理事長
マスター浅井の理念である、「みんなのための空手」「みんなのためのI.J.K.A」を実行する為に、長年空手道に従事しそれを極めている人達を受け入れています。
「あるイタリアの方は、去年のスイスでのマスター浅井のメモリアルキャンプに参加して、その空手の技術は良いと思われ、又陳興桂指導員も認めているので 今年の八月、国際友諠賽に台北へ参加しに来た時にI.J.K.A.の指導員会の指導員に推薦します」
ミーティング参加者全員賛成

・浅井惠子理事長
「それからロシアからも参加する会員さんがいるので、その方も八月に皆さんに紹介して指導員会の指導員に推薦します」
ミーティング参加者全員賛成


八月の国際友諠賽の準備状況に関して

準備委員会の報告
手続きの許可は下りている
試合会場は許可書を受け取って直ぐに予約する
四月に入ったら本格的に各分担の役割を実行する

参加人員:
IJKA理事長淺井 惠子(Keiko Asai)
IJKA主席師範陳宏宗(Chen Hunt-tsung)
IJKAアシスタントチーフインストラクター 陳興桂(Chen Hsin-koei)
IJKA総本部道場事務局国際部長林茂椿(Lin maw tsu)
IJKA総本部道場技術局指導員 城所俊行(Toshiyuki Kidokoro)
準備委員会メンバー汪儒郁(wang ruyu)
周智文(zhou zhiwen)
頼啓東(lai qidong)
林銓正(lin quanzheng)
謝佳皓(xie jiahao)
胡哲維(hu zhewei)
梁洪陶(liang hongtao)
IJKA総本部道場事務員陳麗珠(Chen li theu)
其の他の参加者城所俊行夫人、陳麗珠さんの娘さん


定例のマスター浅井メモリアルキャンプ、スイス ルツェルンで盛況に行なわれた








浅井メモリアルキャンプ

スイスにて、2011年6月2日~5日まで、定例のマスター浅井メモリアルキャンプが行なわれます。

申込書は、こちらからダウンロードしてください。

昇段審査を行います

故マスター哲彦浅井のご友人、お弟子さん達へ

2011年8月6日に台湾台北で行われるIJKA国際フレンドシップトーナメントの翌日8月7日に昇段審査会が開かれます。受験御希望の方は、ホームページに掲載されている審査内容を見て、今から練習すれば、合格する可能性が高いです。尚故マスター浅井のシステムに従い、年数が足りている人は同時に次の段へアップする受験が可能ですので、2ステップの受験内容を練習する様アドバイスします。
例、二段位を持っている人が6-7年間ずっと空手を練習していて、受験をしていなかった人は8月7日に3段位を受けて、合格したら、続けて4段の審査を受ける事ができます。
 頑張って下さい.

故マスター哲彦浅井のご友人、お弟子さん達へ

故マスター哲彦浅井のご友人、お弟子さん達へ

此の度、2011.8.6に台湾台北に於いてINTERNATIONAL MARTIAL ARTS FRINDSHIP KARATE TOURNAMENTを開催する事になりました。
行政方面でも力を入れてサポートしてくれています。
つきましては、故マスター浅井の「同じ空手を愛する人達は、国籍、流派、団体を問わず共に和気藹々と切磋琢磨に励むべき」という理念に基づいて多くの流派、団体のご参加を歓迎いたします。
又、曽てマスター浅井から空手を学んだ方々で、現在、他の団体に加入していらっしゃる方、あるいは御自分の団体を組織している方、若し御都合が宜しければ、御一緒に集い、故マスター浅井を偲ぶこの会のご参加を歓迎いたします。
尚共に国際大会を開催することに御興味のある団体の共催も受け付けます。
こちらの、「友好団体・個人参加表」 こちらからダウンロードしてください。にご記入の上メールにてご返送下さい。


宜しくお願いします。

2011年IJKA国際フレンドシップトーナメント準備委員会議事録



会 議:2011年IJKA国際フレンドシップトーナメント準備会議
日 時:2010年12月22日20:30~23:00
場 所:IJKA国際武術空手道会台北総本部道館哲彦館

参加人員:

IJKA理事長淺井 惠子
IJKA主席師範陳宏宗
IJKAアシスタントチーフインストラクター陳興桂
IJKA総本部道場事務局国際部長林茂椿
IJKA総本部道場技術局指導員城所俊行
IJKA総本部道場事務員陳麗珠
其他準備委員 臺灣汪儒郁、周智文、張美娟、頼啓東、林銓正
謝佳皓、頼怡宏、李如霜、謝秀福
日本総本部準備委員会人員酒井孝之、坪田祐貴、加藤大悟、野月貢、鬼無瀬美津江
宮田愛子、高梨真理恵、水谷寿美子、中井順子、中山惠子
     

会議記録:
●2011年IJKA国際フレンドシップトーナメント 活動日時、場所及び目標


*活動日時及び活動内容暫定計画下記の如く
日期時間活動内容
2011年8月5日国際選手歓迎会
2011年8月6日午前、午後2011年IJKA国際フレンドシップトーナメント
2011年8月7日午前、午後2011年IJKA国際フレンドシップトーナメント
2011年8月7日午後IJKA国際武術空手道会段位審査
2011年8月8日午前、午後参加選手観光案内
歓送会
*大会実施場所:中華電信股份有限公司 臺北市仁愛路一段42號 中正堂體育館
*大会実施目標:参加国選手と親善交流を深め、各国選手と共に浅井空手を広め団結を強める。


●準備会担当及び日程計画


*本大会活動の費用、技術講習会費用、審査費、大会参加費など、日本国内の大会費用を参考にして決める。(若干下げる予定あり)
*次回からの大会準備委員会及びその他の会議は、各会員国が参加できるようにネットワーク会議を希望する。(理事長浅井惠子談)(故マスター浅井の理想は各国「みんなの為の空手」であるから)
*準備委員会は毎週水曜日20:30より総本部道場【哲彦館】において行なう。(暫定)

*会議日時:
年月日にち進行目標
2010.1212/22、12/29*活動企画書の完成。
*日本総本部事務局準備会よりメールで各国選手に参加を呼びかける。
2011.0101/05、01/12
01/19、01/26
*日本総本部事務局準備会よりメールで各国選手に参加を呼びかけ、参加人数を統計する。
2011.0202/09、02/16
02/23
*大会審判員及び貴賓への招待状の発送。
2011.0303/02、03/09
03/16、03/23
03/30
*大会審判員及び貴賓への招待状の発送。
2011.0404/06、04/13
04/20、04/27
*広報活動。
2011.0505/04、05/11
05/18、05/25
*広報活動。
2011.0606/01、06/08
06/15、06/22
06/29
 
2011.0707/06、07/13
07/20、07/27
 
2011.0808/03
08/06
*会場の設営。
*大会開催。



●親善大会に関する諸事打ち合わせ

*参加対象:組織団体に関係なく、故マスター浅井から空手を習った人、あるいはマスター浅井の空手に賛同する人々の参加を歓迎し、参加を呼びかける。
*本大会において武術間の交流を歓迎する。
例:剣道、居合道、杖道、少林拳等の参加の歓迎など。
*本大会は無料とし、多くの参加を期待する。

●技術講習会に関する諸事打ち合わせ

*講習会において許可の無い撮影を禁止する。
*講習会終了後、修了証書を発行する。

●その他の事項

*2011年より【インストラクター講習会制度】を設置し、各会員国の指導員を養成することが決定された。IJKA二段以上の資格を取得した者は申し込みの上、特訓に参加することができる。
*IJKA日本総本部のwebサイト(http://www.ijka.jp/cn/index.html)に掲載するために、各会員国皆さんの各道場での空手練習風景と活動の映像を送ってもらう。
*2011年の親善大会準備期間中は、更にIJKA組織の趣旨を知らしめ、空手同好家と友好を結び、浅井空手を伝承、保存する事を推し進める。
本組織は非営利である。

準備委員会参加者
陳主席師範/淺井理事長/陳興桂/游婷毓/陳麗珠/周智文/城所俊行/Mrs.城所
梁洪陶/林銓正/謝佳皓/胡哲維/賴怡宏/賴啟東/林茂椿

2010.11.16 お知らせ


マスター浅井は、如何なる国のお弟子さんに主席指導員の任命又は証明をしておりません

また当、IJKAと異なる日本国外の空手団体各義の首席師範になっていません

無断でマスター浅井の名を使用し、印鑑と、証明書を偽造してはいけません。

2010.11.15 お知らせ


一年一回の親善大会前後に行なわれる、技術講習会及び昇段審査の外に、御 自分の国に於いて近隣の道場と諸費用シェアーの上、総本部に申請し派遣指導員を要請して、自国に於いてセミナー及び昇段審査を開催する事ができます。
詳細及び費用はメールにて問い合わせくださればお知らせ致します。

I.J.K.A 国際日本武術空手道会が運営する国際空手親善大会の準備委員会が設立しました


2011年8月6日に台湾台北で行なわれる、国際日本武術空手道会が運営する国際空手親善大会の準備委員会が設立されました。
メンバーは
台湾総本部道場
陳興桂、林茂椿、城所俊行、汪儒郁、周智文、張美娟、頼啓東
林銘正、謝佳皓、頼怡宏、李如霜、謝秀福、陳麗珠

連絡責任者 国際部長 林茂椿

日本総本部事務局
浅井 惠子、里村 明子、坪田 祐貴、酒井 孝之 連絡責任者 酒井 孝之

I.J.K.A 国際空手道親善大会が2011年8月6日に決定しました


2011年8月6日に台湾台北に於いて、I.J.K.A国際空手道親善大会を開催する事が決定しました。
其の前後に空手道技術講習会と昇段審査を行ないます。
皆さんの御参加を歓迎します。

その大会前後に技術講習会と昇段審査を行ないます。詳しい事はWebサイトにアップしますのでご留意下さい。
I.J.K.A は毎年親善大会を行いますが、次回の大会開催国はその大会終了後皆さんと会議の上多数決により決定します。

IJKA香港支部が新しく再成立しました

IJKA香港支部は1999年香港警務処にて市政府に登録する、空手組織の手続きを済ませました。マスター浅井は、毎年指導に行っていましたが、なくなって、翌年新しく再登録したままで、実態は消えかけていました。2010年11月10日、マスター浅井を偲び、四年の間待ち続けていた熱心な弟子達が三度び立ち上がり、IJKA香港支部を新しく成立させました。


メンバーは
会長 梁 達銘 (空手歴30年)
秘書 劉 美群
理事 洗 素素
会員代表 黄 偉毅(空手歴6年)
臨席立ち合いIJKA理事長 浅井 惠子




向って右 会長 梁 達銘
二人目  IJKA理事長 浅井 惠子
三人目  秘書 劉 美群
最左   会員代表 黄 偉毅
成立会の後 レストラン寧記にて食事

他団体の段位証書の書き換えは行なっていません。


現在御自分の所持している段位証書をI.J.K.A.の証書と書き換えて下さいという要望が多々ありますが、それは当会では行なっていません。 その理由は ①その証書を発行した人を認めないという事になるのでその人に対して失礼だからです。
②当会は、その証書を発行した人と、その証書を所持している人とは面識がなく、そのレベルも知らないのでどのような観点で書き換えるのか方法がありません。

サジェスト:せっかく頂いた証書ですから大事に保管して、I.J.K.A.の段位に興味がおありでしたら、来年2011年8月に台湾で行なわれるEventにセッティングされている昇段審査に御参加なさるという事は如何でしょうか?
審査内容はホームページに載せてありますのであと一年近くの時間があります。
頑張って練習し、奮って御参加下さい。

アナウンスメント


(一) 浅井惠子の名に於いて、如何なる国でも段及び級の証書を発行していません。
(二) 浅井惠子、浅井哲彦連名で、如何なる証書も発行していません。
(三)上記(一)(二)に関する証書を発行する前に、本人に見せて同意を得る事もなく、
特にマスター浅井の名をも軽々しく勝手に使用する事、そしてI.J.K.A.のロゴのもとに証書を発行する事は大変失礼です。
それは道場訓第四条「礼儀を重んずる事」に反します。

Mr 賴啓東一家、空手ソング「空手ファミリー」のイメージキャラクターに選ばれる。

空手ソング「空手ファミリー」のイメージピッタリの家族がIJKA総本部道場、」哲彦館に続々と参加していた。
それは、23年の月日が培ったものである。
兄 Mr賴啓東は1987年16歳の時、学校の空手部に参加し、Mr陳興桂指導のもとに空手を始めた。
1990年初段取得後中断したが、2008年、18年ぶりに、37歳になった彼は長男賴威成(当時9歳)と自分の弟 賴怡宏、及びその長女、賴亭諭(当時8歳)更に自分の妹の双子(楊士緯、楊于嫻)7歳、合計6人をつれて本部道場哲彦館に入門した。
2010年、Mr賴啓東の妻 曹育華(36歳)及び、次男 賴威廷(5歳)更に自分の妹 賴癸如(37歳)も入門し、賴氏家族合計九人が哲彦館総本部道場にて、熱心に稽古している。
 マスター浅井は、家族で空手の修練に励む事を最も望んでいた。 この核家族時代におじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、兄妹、叔父、叔母さんや、いとこなど、家族が集まって一緒に行動し、心が一つになり、同じ目的に向かい、励まし合うことは、家族の健康と幸せは勿論、子供の教育にも最良であると常々言っていた。
それ故、賴氏一家がそれに最もふさわしいとして「空手ファミリー」のイメージキャラクターに選ばれた.
総本部から空手ソングCDを賴家一族へプレゼントした。




空手ファミリーのイメージキャラクター賴家一族

イベントの翌日、国際指導員会のミーティングが行なわれました。

2010年8月16日、イベントの翌日、国際指導員会のミーティングが行なわれた。
参加者は
理事長 浅井惠子、主席師範 陳宏宗、アシスタントチーフインストラクター 陳興桂、ヨーロッパカントリーヘッド ブルーノ・カーラ、スイス空手協会出席代表 Mr.ギド、総本部道場事務局国際部長 林茂椿、インストラクター 城所俊行、総本部道場事務員 陳麗珠



議題

  1. 6段に合格したミスター城所俊行をI.J.K.A.技術局の指導員にと認定された。ミスター城所は、大学を卒業してすぐにマスター浅井の空手を22年間熱心に学んだ。
    (其の他の紹介は別頁参照)
  2. ロシアの会員さんは、ずっとマスター浅井の空手を熱心に学び、30年近い空手歴の持ち主。I.J.K.A.インストラクターとして認定することを全員楽しみにして、来年又はその前に指導員会のメンバーと顔合わせをすることに意見が一致した。
  3. I.J.K.A.本部事務局はほとんど収入が無い状態で運営しているので、2011年度から年会費及び其の他の費用は日本円で設定することを認定した。
  4. 各国の地域で、イベントやセミナーを自主開催した時、生徒から徴収した学費はI.J.K.A.総本部にパーセンテージを支払わなくて良い。其の場合はI.J.K.A.総本部に報告すること。
  5. I.J.K.A.総本部が開催した大会やセミナーの収入は総本部が受け持つ。其の場合の技術講習会に於いて、技術講習を行なった主席師範又は指導員への報酬は、ミーティングに於いて決定したが、理事長浅井惠子は、マスター浅井の行なった通りにするのが妥当と判断し、次回のミーティングに委ねる。
  6. 2011年の国際大会の地域も決定されたが、詳細の諸事を確認して公表する。

2010年8月15日 マスター浅井メモリアルイベント、及び、哲彦館成立記念大会。台湾台北にて、大盛況!

その日は、I.J.K.A台北総本部哲彦館の生徒達が熱気溢れる演武を行い、アシスタントインストラクター陳興桂達の演武と、主席師範 陳宏宗先生の、浅井空手の手技の講習も行なわれ大喝采を受けた。

当日のイベントは、浅井空手発表の為 生徒達の演武は、順路初段から五段、常行一勢から、三勢迄の世界で一番新しい空手の演武が行なわれ、空手マン達の注目を浴びた。

イベントには、台湾全土からのマスター浅井の弟子達や孫弟子達が遠路遥々馳せ参じ、それぞれ数年から30年ぶりの再会を果たし、会場は終始暖かい雰囲気に包まれていた。

台湾総理府より貴賓が臨席

当イベントに総統府から戎義俊先生が貴賓として臨席、マスター浅井の功績を讃えるスピーチを行なった。

総統府よりマスター浅井の功績を讃えるスピーチを行なう戎義俊先生

総統府、李嘉進大臣の御指示により、行政院体育委員会の房瑞文先生から、台湾空手創始者マスター浅井へ感謝状が送られた。

総統府、 李嘉進大臣の御指示により、体育委員会房瑞文先生からの感謝状を受け取る理事長浅井恵子


マスター浅井を讃える感謝状

マスコミに報道される

当日は、当地のマスコミに(新聞社や数社のTV局からインタビューを受け)報道される。

当地の新聞に報道された記事

理事長浅井恵子、挨拶する

開会時、マスター浅井の弟子や孫弟子達と久しぶりの再会に感動しながら、浅井恵子がIJKAを代表して挨拶した。
挨拶する、IJKA理事長浅井恵子

国際段審査行なわれる

当日、イベントの後、夕方から夜遅く迄、昇段審査が行なわれた。
マスター浅井の審査ルールに従い、アシスタントチーフインストラクター陳興桂七段と、インストラクター城所俊行五段(日本)二人で13人の初段と3人の二段の審査を行なった。
次の審査はスイスから、わざわざ審査の為に来台したミスター ブルーノ コーラ七段が加わり三人の三段と、四人の四段審査を行なった。
五段の審査は、チーフインストラクター陳宏宗九段が加わり、二人の審査を行なった。汪需郁と、周智文の二人は、マスター浅井存命中の審査から七年も待ち続けていたので、パスした時、大感激だった。
最後のクライマックスは、城所俊行さんの6段の審査であった。
今日の日の為に、あらゆるマスター浅井の新型を全部マスターし、予習万全であった。

思えば、マスター浅井、存命中にその指導の下で、転身の多い型など足の裏が血だらけになっても熱気に燃えて激しい練習をしていた。
結果は好成績でパスした。
合計26人の審査であった。


初段、二段、審査後 Mrブルーノが加わって、三段と四段の審査

主席師範陳宏宗先生が加わって五段の審査を受けるMr周智文


主席師範陳宏宗先生が加わって六段の審査を受けるMr城所俊行

約6時間にわたる審査会が終了された。IJKA総本部道場哲彦館にて

哲彦館がホノルルハワイに設立されました。

I.J.K.A.指導員会の指導員であるMr.フジワラは、マスター浅井と43年の師弟関係にあり、自宅の一室に、「浅井哲彦ミニ記念館」とも云える、マスター浅井の写真や生前に使ったライター、Tシャツ、スリッパ、其の他いろいろなものと、禁煙する際、最後に吸ったタバコの吸殻まで、ガラスのケースに入れて飾ってあります。 「浅井哲彦の武道館」という意味で「哲武館」の館長であるフジワラさんは、I.J.K.A.本部道場が『哲彦館』となった事に賛同して、哲武館を『哲彦館』改めました。

8月の昇段審査の日程が変更になりました

台湾台北で行われる昇段審査は、8月15日のイベント終了後、当日16:00から行われることになりました。
現在ロシア、ドイツ、スイス、其の他の国からも審査を受けに来るとの報告が、I.J.K.A.本部事務局に入っています。

8月に昇段審査をおこないます

台湾台北で行なわれる8月15日 マスター浅井メモリアルイベントの翌日に、 段の審査が行なわれることになりました。
6段の昇段審査を受ける人もいて、審査ルールに従うよう、スイスからブルーノ・コーラBruno Koller氏(7段)が来台します。
アシスタント・チーフ・インストラクター陳興桂氏とともにチーフ・インストラクター陳宏宗先生のもと、3人で審査を行ないます。

外国の会員さんで昇段審査を受けたい方も参加可能です。

IJKAの段位証明書

故マスター浅井はとても勘の鋭い人です。生前に自分の寿命を感じたのでしょうか、沢山の段位証明書に直筆のサインと、そしてきちんと印鑑を押して残していました。
 しかも、首席師範の項目にだけサインして、審査長の項は空白にしていたのです。そして、私に云いました。「わしがいなくなったら三年見守っておれ、わしの空手が消えそうになったらお前に任せる」と。
50年近く共に歩んで来た私には、「お前に任せる」という意味が良く解ります。「I.J.K.Aと言う組織をお前に渡して任せる」という意味ではなくて、「お前がI.J.K.Aという組織が消え浅井空手が亡くなっても良いと思うか、若しくはそれを受け継いでその団体の為に頑張るか、どちらでも良い。お前に任せる」という意味で、3年間浅井空手の様子を見て決めろという意味なのです。今となってはそれが遺言となってしまいました。
 彼は自分の名誉の為にそう言ったのではなく、浅井空手は空手を愛する人(それは彼が愛する弟子)の為に、身体を傷めない、安心して、しかも生涯続けられる空手、そしてその空手には多くの技が包括されている。その武道芸術を彼の愛する空手家に渡して上げたいという思いです。
 彼の思いと、そして世界中のいまだにマスター浅井を慕い続け、どの団体にも入らない空手家たちや、仕方なく他の団体に入っても「浅井先生」を心に刻んでいる空手家達の為にI.J.K.Aを再出発させ、このマスター浅井直筆サインの段位証明書を発行する事になりました。
 審査長の空白欄には審査したインストラクター達のサインがなされます。

浅井 惠子

マスター浅井の日記が段位の証明となります。

マスター浅井は、40年近くの間 数十冊の日記を書いていました。亡くなってからそれを発見して、私はビックリしました。どの国に行って、誰が出迎えに来たかとか、何を教えたとか、事細かに書いてあります。勿論どの国の誰に何段を発行したか何段までの審査資格を与えたかもです。マスター浅井が亡くなって、IJKA高段を名乗る人がいたとしたら、その日記が事実を証明します。

団体による段の違いについて

ある国の人に「貴方は何段ですか?」と尋ねたら、「僕は、道場の段は6段で、わが国の段は5段で、浅井先生のは3段です。」と答えました。私はそれで良いのではないかと思います。ただ道場の段が6段だからといって「浅井先生の段も6段」と言ってしまうのは間違いだと思います。

自分の段位は他人に教えない。

ある高段者が言いました。 「僕は自分の段位は、他人に教えない」と。何故なら、段位は(段の審査表にあるとおり)全てと言って良いほどの技を身に付けて始めて手にする段位なので、突然後輩や弟子に質問された技が出来ない場合、又は自由組み手は、下の者に手加減をしなければならないので、自分がやられた場合は恥だからだという事です。
世の中には意地の悪い人がいて本当にその実力があるのか試して来ることもあるからといいました。私は、マスター浅井が如何なる時、如何なる人が、どんな質問をしても即座に答えていたことを思い出しました。やっぱり日頃の厳しい鍛錬のお蔭でした。

IJKAの段位について

生前にマスター浅井は言っていました。 日本にいる空手愛好家は週に3回または毎日でも道場に練習に行くことが出来るけれども、外国の方は、技術の高い先生に教わるのは難しく、日本から招いてキャンプを開くのも年に約1度位で、時間的にも経費もかかるので進歩の度合いが思う様に進まない。だから、IJKAの段審査の時は、その人の人間性と空手に対する情熱、そして空手普及に尽力しているなどのポイントも考慮に入れている、との事でした。(それが空手の心技一体に通じる。)

2010年8月15日に台湾台北にて行われるマスター浅井追悼イベントのタイトルが決まりました。

台湾空手道之父
浅井哲彦首席師範逝去四周年追悼会
及び
I.J.K.A.国際日本武術空手道会浅井流
総本部道館―哲彦館成立大会

『哲彦館』が台湾台北に設立されました。

I.J.K.A.台湾台北総本部道場が『哲彦館』となりました。

マスター浅井追悼イベントを台湾台北にて2010年8月15日に実施が決定しました。

8月15日のハリウッドにおいてのマスター浅井追悼イベントは、時間が近すぎるため延期となりましたが、5月13日のスイスでのインストラクターmeetingに於いて、総本部道場主催で、マスター浅井追悼イベントを台湾台北(2010年8月15日)で行なうことになりました。
 マスター浅井から長年 空手を教わってきた高弟達が、浅井空手を披露し、主席師範陳宏宗氏による浅井空手の講習が行なわれます。
同時に、マスター浅井が空手に取り入れた白鶴拳の技も演武され、激しい空手の練習で身体を痛めない気功整備運動なども紹介されます。
 I.J.K.A.では、皆様の旅費などの経済的負担を考え、会員の皆様に参加を呼びかけることをご遠慮申し上げておりますが、ご興味のある方は勿論参加または御観覧を歓迎いたします。


理事長
浅井恵子

[浅井惠子のコメント] マスター浅井の定例追悼キャンプに参加して

この度、スイスへ行き、スイス、ドイツ、ロシア、イタリア、日本、台湾の六カ国から集まられた指導員達と3回に渡る、インターナショナルミーティングを行いました。その間に、各国から来られた参加者と大変楽しい一時を過ごす事もでき、心温まる思いが続いています。
この場を借りて皆様に感謝を申し上げます。

[議事録] 2010.5月15日、インターナショナルミーティングがスイスで行われた。

5月15日にインターナショナルミーティングがスイスのGamsで行われた。
そのミーティングは故首席師範浅井哲彦の夫人であり、国際日本武術空手道会の理事長である浅井惠子によって主催された。
ミセス浅井惠子の他に、アシスタントチーフインストラクター陳興桂(7段、台湾)、ブルーノ コーラー(7段、スイス)、リーディンガー オットー(5段、ドイツ)、ドルメンコアンドレ(ロシア)、フォルメントン ガスパー(イタリー)、加えてスイスのインストラクター数人が、そのミーティングに加わった。
ミセス浅井は、I.J.K.A.の主旨を参加したインストラクター達に語った。

  1. 当組織は他の組織団体と、競争するつもりなく、ひたすら浅井空手を教え、保存し広める事に専念する。
  2. 前日のミーティングの繰り返しになるが、マスター浅井はミスター加藤をヨーロッパ、又は世界のチーフインストラクターに指名していないと再度明確にする。ミセス浅井が日本政府に登録されているI.J.K.A.を正式に継承している。
    I.J.K.A.の商標は、最初にマスター浅井が1999年10月8日に登録し、2006年の8月にミセス浅井がその商標権を相続し、2009年10月8日、商標権10年の満期日に、浅井惠子が再登録した。
    2008年8月25日にはN.P.O.法人団体として日本政府に登録した。
  3. I.J.K.A.総本部事務局は日本の東京に設置され、本部道場は台湾台北市にある、全民空手道館が指定された。
  4. 主な空手技術の指導はI.J.K.A.指導員会が行う。そのメンバーは、今のところチーフインストラクター 陳宏宗先生(8段、台湾)、アシスタントチーフインストラクター 陳興桂(7段、台湾)、ブルーノ コーラー(7段、スイス)、エドワード フジワラ(5段ハワイUSA)、リーディンガー オットー(5段、ドイツ)(今回新指定)、ジョール チネン(4段ハワイUSA)(今回新指定)以上のメンバーで構成されている。
    これからもインストラクターをセレクトして、増やしていく方針である。
    これらの高段者は、主席師範のリーダーシィップのもとに、マスター浅井の空手を保存し、広める事に尽力する。
  5. 各会員国のインストラクター及びカントリーヘッドは、各自会員国で決定し指導員会に協力する。
  6. I.J.K.A.は大きな組織になることを望むものではなく、心ある空手家を歓迎し、会員同志がファミリー感覚で助け合い励み合って切磋琢磨することを期待するものである。
  7. I.J.K.A.に参加したい個人、又は団体はカントリーヘッドを通さなくても直接東京総本部と、コンタクトできる事とする。これは会員同志のトラブルを避ける為である。
  8. 徐々にカントリーヘッドをセレクトし、そしてブロックカントリヘッドを皆で決める事とする。
  9. ヨーロッパ地域の、ブロックカントリヘッドはスイスのブルーノ コーラーさんが、そのアシスタントにドイツのリーディンガー オットーさんが指名された。
  10. 生徒達の技術レベルを高めるために、地域、国内、そして国際レベルで定期的に大会を行う。会員国は指導員会のメンバーを招待する際コストを軽減する様協力すること。
  11. 総本部事務局のスタッフ及び国際イベントの十分な資金を保証するため、諸原則はI.J.K.A.総本部事務局及び指導員会が取り決める。
  12. 予定していた2010年8月15日にハリウッドに於いてのイベントは次の告知まで延期する。

参加した指導員達全員は、ミセス浅井のお言葉に感謝し、彼女の故夫の組織及び彼の独特な空手を維持する努力に対して支持を惜しまないとした。


記録者:RIEDINGER OTTO(Germany)

[レポート]第1回指導員会ミーティング及び空手道技術セミナー

I.J.K.A.第1回指導員会ミーティング及び空手道技術セミナーを、5月13日~17日、スイスのGamsにて開催した。
セミナーには、イタリアから7時間半もかけて車2台での参加者と、ジュネーブ・ドイツ・ロシアからなど約100人の浅井空手を愛する方々が馳せ参じ、故浅井先生の遺影の前で、熱気に満ちた稽古が繰り広げられた。
指導したのは、台湾からのアシスタント・チーフ・インストラクター陳興桂氏(七段)である。7歳の時に空手を始め、以来47年間ひたすら浅井先生の教えを受けて空手人生一筋に歩んで来た人物である。
陳氏は、順路初段、二段、三段、四段、五段及び常行一勢、二勢、三勢、そして平安形の細かい動作、例えば、浅井流の肩のスナップ、手の鞭技による受けや打ちなど、又 従来は攻防の技を両手でやっていたのを浅井流は片手でやるなど、、。それと常行三勢の腰の捻りに、騎馬立ちでは不都合なので、そうちん立ち(不動立ち)に変わっている事、順路二段の双手打ちを、ほとんどの人が双手受けをやっているという細かい間違いを丁寧に指導した。大まかな動きを練習していた人たちは、その指導に小躍りして喜んだ。
また、順路形の動作の意味も詳細に教え、その技を一対四人で体験する組み手練習法など、皆さん張り切って顔を真っ赤にして練習に打ち込んでいた。ビデオを撮るやら練習するやら、大忙しであった。
アシスタント・チーフ・インストラクター陳氏の優しい人柄に感激した皆さんが、口々に来年はもっと多くの人を誘って大きなセミナーにするべく努力を惜しまぬことを約束して散会した。

Information about Russian IJKA-Dan-Diplomas

On 13th of May 2010, Mrs. Keiko Asai, President of IJKA, met with Mr. Andrej Dormenko of Russia and talked about the situation regarding Dan-Diplomas.

Mrs. Asai did not sent any Dan-Diplomas to Russia after the death of shuseki shihan Asai Tetsuhiko. Therefore any IJKA Dan-Diplomas given to russian students between August 2006 and 2010 are faked and not registered with IJKA Headquarters.

If you have recieved such a diploma, you may contact IJKA Headquarter and inform them about your status and the instructor, who held the dan-test.

IJKA Headquarter, Japan

空手ソング コンテストを開催します。

マスター浅井哲彦先生が作詞をした空手ソング、『あゝ我が人生 空手道』を歌っていただき、コンテストを実施いたします。
優勝者には豪華な賞品をプレゼントしますので、ふるってご参加ください。


空手ソングの趣旨

空手ソングの詞は、マスター浅井が五十余年の空手指導の中で痛感している気持ちを詞に表したものです。
その詞は、空手の鍛錬に励む武道家の姿を
・ 「だてには、しめぬ黒帯に、切磋琢磨の汗しみる」
と表現し、稽古しないで、段位ばかり追い求める人に対してそんな暇があったら
・ 「寸暇を惜しみ 技を練り」なさい、、、、とさとし同じ空手の道を歩む者同志なのに、いさかいばかり起こす人々には
・ 「和して歩まん同じ道」そして
・ 「己の心 日々磨く」と教え
世界平和を願って
・ 「此の道 国の境なく」とうたっています。
世界中の空手をトレーニングしている、故マスター浅井のお弟子さん達が此の歌に接して、
マスター浅井の教え、空手道の真髄を汲み取って欲しいと願うものです。


「空手ファミリー」

マスター浅井が海外で空手の技術講習会を行なう時 10余時間もかけて隣接の国々から一家揃って、大型ワゴン車で参加しに来る人が多く、 マスター浅井は、この核家族時代におじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、兄妹、叔父、叔母さんや、いとこなど、家族が集まって一緒に行動し、心が一つになり、同じ目的に向かい、励まし合うことは、家族の健康と幸せは勿論、子供の教育にも最良であると常々言っておりました。 そういう思いのもとで作詞したものです。

課題曲

『あゝ我が人生 空手道』
こちらからダウンロードしてください。

賞品

第一位 賞金  US$100ドルと浅井先生直筆の道場訓(サイン・捺印入り)
第二位 賞金  US$50ドルとマスター浅井直筆の書(サイン・捺印入り)
第三位      マスター浅井直筆の書(サイン・捺印入り)

参加資格

I.J.K.A.のメンバー

審査

在日優秀音楽家による審査

応募方法

『あゝ 我が人生空手道』を歌った音源を、CD又はMDに録音しI.J.K.A.日本本部事務所へ郵送して下さい。

送付先:
I.J.K.A.日本本部事務所住所
日本国 東京都新宿区歌舞伎町2-45-5新宿永谷ビル203号室


カラオケ音源を販売しております。
購入希望の方は、メールにて購入希望の旨をお知らせ下さい。 通常価格: ¥1500
カラオケコンテスト用特別価格: ¥1050 (送料、手数料別)

締め切り

2010年 6月末日まで

結果発表

I.J.K.A.のHPとメールにてお知らせします。

その他

優勝者には、2010年8月15日にハリウッドにて開催する、マスター浅井メモリアルイベントにて歌っていただきます。

歌詞

こちらからダウンロードしてください。