TOP > EVENT

上海からメールが届きました。

尊敬的浅井师母:

您好!

现将本人申请加入IJKA的原因及相关经历进行简单的报告。

2003-4年,在浅井师母的安排下,以及相关赞助商的支持下我和其他几位能有机会在中国上海见到已故浅井师范,并且参加了他建立的组织进行空手道练习。

浅井师范安排了台湾的陈兴桂师范对我们进行指导。

我本人非常感激浅井师范夫妇,同时一直把陈兴桂师范作为我的空手道的老师。

浅井师范在上海建立了JKS/IJKA中国本部和上海支部。2006年师范仙逝后,由台湾师范们继续继承了这些组织并且继续教导我们进行练习。在这个过程中,IJKA中国本部,上海支部不再被提及。当时我们并不了解具体情况。

2011年,台湾师范们离开了JKS, 他们并没有要求我们同样脱离,我们自然继承了JKS中国本部和上海支部,同时也得到了日本JKS总部的确认。我本人负责JKS中国本部。在2011-2016年期间,我本人尽力发展空手道事业,在推广过程中使用JKS-CHINA名义。每年5月举办在上海的国际讲习和段位审查,同时12月带队参加日本总部的讲习。但是作为私人关系,我仅保持和台湾师范们的私交。我认为这是合适的。

2016年12月3日,本人参加JKS总部练习时,总部师范们明确告知:因为我本人和IJKA的关系,导致中国本部资格冻结。我当场进行申诉,讲清楚公事和私人关系的区别。JKS总部明确告知,即使是私人关系也会被利用进行不利的行为。

(在本次活动中,JKS总部也取消其他两个大国的本部地位。)

随后,国际部部长直接向现场的30名中国成员宣布了这一情况,并口头告知:

1.今后任何取得段位资格的练习者可直接向总部申请支部资格。

2.很多组织是敌对关系的,不能参与这类组织的任何活动。

我本人尊重JKS总部师范们的决定,我没有参加之后的任何活动,在12月5日回到上海之后,我将JKS的决定(公告)传达到了中国境内每一个具有JKS会员资格的成员。同时也宣布JKS-CHINA结束运作,并妥善解决了善后事宜。

在完成上述工作以后,我本人以邮件形式向JKS总部表达:

1.我尊重他们的决定。

2.我也感谢他们之前对我的支持。

3.我本人脱离JKS.

我本人脱离JKS一个月之后,我正式申请加入IJKA.

在此期间我并没有公开的号召任何人追随我去任何组织。

期间有不少人因为各种原因对我及我的团队进行各种非议。

我认为:任何口头上的争论,都会导致空手道事业的损失。都会影响到浅井哲彦师范体系的名誉。正如浅井师范讲过的:来者不拒,去者不留。

我本人坚持当时见到师范时的初心!



李渊深

2017年1月12日




譯文:

私本人がIJKAに加入する原因及びそれに関する経過を簡単に報告します。

2003-4年 浅井師範奥様の手配の元、及び賛助企業の支持のもと、私と其の他数人の者が、中国上海に於いて、故浅井師範とお会いできる機会が有り、且つ、師範が設立した組織に参加し、空手の練習をしました。

浅井師範は台湾の陳興桂師範を私達の空手道指導者に当てて下さいました。

私本人は非常に浅井師範ご夫婦に感謝いたしました。

浅井師範は、上海に於いて、JKSとIJKAの中国本部と上海支部を設立しました。

2006年、浅井師範が逝去なされた後、台湾の師範により、私達はこの組織を継続して続けて練習を進めていました。

此の過程に於いて、IJKA中国本部、上海支部はなんの連絡も無くなりました。

その時私達は、具体的状況を何も解っていませんでした。

2011年台湾師範達はJKSを離れました。彼等は私達に対して同じ様に離脱する事を要求しませんでした。私達は自然にJKS中国本部と上海支部を継承する事になり、JKS総本部の認可を得ました。

私本人は、JKS中国本部の責任者となりました。

2011~2016年の期間中、私本人は、空手の発展に力を盡しました。

此の様な過程に於いて、JKS-CHINAの名義で、毎年5月に上海に於いて、国際講習会及び段位審査を行いました。

同時に12月には、会員達を引率して、日本総本部の講習会に参加致しました。

しかし、私は個人的に台湾の師範達と交流を続けました。此の事は、当たり前の事だと思いました。
2016年12月3日、私がJKS総本部の練習に参加した時、総本部師範達は、はっきりと私に告げました。

私のIJKAとの関係が中国本部の資格凍結を招いたのだと。

私は其の場ですぐ申訴しました。公私をはっきり分けて下さいと。

しかしJKS総本部は明確に告知しました。
個人関係であっても、不利な行為を行う為に利用されると。
(今回の活動中にJKS総本部は、やはり其の他二か国の大国の本部を取り消しました。)

其の後、国際部長が現場にいた中国30名の空手会員達に向かって、直接此の事を宣告し、また口頭でも下記のことを告知しました。

1、今迄段位資格を得た者は直接総本部に支部資格を申請する事ができる。
2、多くの組織は、敵対関係の組織である、此のたぐいの組織の如何なる活動に参加するべからず。

私本人は、JKS総本部師範達の決定を尊重します。

しかし12月5日上海に戻った後、私はJKSの決定を公告し、中国境内の全てのJKS会員資格を有する者にも伝送しました。

同時にJKS-CHINAがその運営を終了した事を宣言しました。並びに事後の処理を善処しました。

上述の作業を完成させた後、私は郵送にてJKS総本部に下記のことを表達しました。

1、私は、彼等の決定を尊重します。
2、私は、彼等の今迄の私への支持を感謝します。
3、私本人はJKSを離脱します。

私がJKSを離れた一か月後、私は正式にIJKA 加入の申請をします。
此の期間中私は、公に誰にも呼びかけせず、誰にも私に追随して、如何なる組織に参加する様に呼びかけていません。
此の期間中に多くの人が、色々の原因のもと私、及び私の団体に対して各種の誹謗を行ないました。

私が思うに、如何なる口論も空手道の損失となり、浅井哲彦師範関係の名誉に悪影響を与える事になると。

故に浅井先生がおっしゃった「来る者は拒まず、去る者は追わず」。

私本人は当時浅井師範にお会いした時の初心を堅持致します。

李渊深

2017年1月12日

■上海の主催者側から報告が有りました

報告(原文)=>感谢师恩,也感谢大家的支持! ——2017年IJKA上海讲习会总结

訳文:
  • タイトル
    1. 師の恩に感謝、皆さんの御支持にも感謝!2017年IJKA上海講習会総終結。
  • 写真一枚目(上段)
    1. 2017-06-01 空手道((※1)松濤館流)
        2017年の五月一日、小連休時、私達は三日間のIJKA技術講習、段位審査、及び同系一連の活動を行った。
    2.   
  • 写真二枚目(下段)
    1. 松寿体育を、国内に於いて早期に、伝統空手道を広めた団体として、私達の発展経歴には、各種各様の紆余曲折があった。
      そして、非常に豊富で精彩なる物語があった。
      そこで、我々は此の度の講習会及び同系列活動を過去よりも、更に有意義に果たす事に力を入れた。
      最初に技術講習会及び段位審査の主講師範は、IJKA技術局長の陳興桂である。
    2.  
  • 写真三枚目(下段)
    1. 私達が習ったのは、浅井哲彦師範開創の非常に特色のある(※1)松濤館流空手である。
      陳興桂師範は、浅井哲彦師範及び、陳宏宗(九段)師範から学ぶ。
      2004年「松寿体育」は、正式に浅井体系空手道に加入した。
      即、陳師範を主体とし、其の他の師範を率いて、私達に空手技術を伝授し、空手道技術の子弟関係が建立されたのである。
    2.  
  • 写真四枚目(下段)
    1. 陳師範は此の7,8年の長い期間、心を込めて、一代の空手道教練を育成し、後に紆余曲折を経て、今日此れ等の者達は同一系列に あらずとも、師の恩に感謝する心は皆同じである。

  • ※1 誤:松濤館流空手 正:浅井空手